モエエシャンドン

”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”と”モエシャン”こと”モエ・エ・シャンドン”ってシャンパンであり、生産者も同じ”モエ・エ・シャンドン社”。

じゃぁ、一体”ドンペリ”と”モエ・エ・シャンドン”にどんな違いがあるの!?

今回は、そんな”モエ・エ・シャンドン”と”ドンペリニヨン”の疑問について、まとめておこうと思います!

同じ生産者が造るシャンパンなのに何が違うの!?”ドンペリ”と”モエシャン”の違いとは!?

はてな

”ドンペリニヨン”と”モエ・エ・シャンドン”の違いは、とてもシンプル!生産者が同じなので少し混乱しますが、両者には下記2点の違いがあります!

”ブランド”が違う!”醸造責任者”が異なる!

生産者は同じだけれど、両者は”ブランド”が異なります!

一方は、”ドンペリニヨン(ドンペリ)”というブランドで、もう一方が”モエ・エ・シャンドン(モエシャン)”というシャンパンブランド。

車で例えると分かりやすいはず!”トヨタ”というブランドの車がある一方で、”レクサス”という高級車ブランドもある。そんなイメージですね!

そして、”ブランド”が異なるということは、醸造家や醸造責任者も異なります。車で言えばエンジニアに当たるのかな。ちなみに”モエ・エ・シャンドン”ブランドの最高醸造責任者は、現在”ブノワ・ゴエズ氏”、”ドンペリ”の最高醸造責任者は”ヴァンサン・シャプロン氏”。

スポンサーリンク

シャンパンの”ランク(グレード)”が違う

あくまで、両者のスタンダードシャンパン”ドンペリ白”と”モエシャンしろ”を比べた場合の話しですが、”シャンパンランク(グレード)”が異なります

”ドンペリニヨン”の場合は、そもそも”モエ・エ・シャンドン社”の最高級シャンパンブランドの当たるので、スタンダードがすでに”ヴィンテージ”シャンパンであり、”プレスティージュ”シャンパン。つまり、スタンダードがすでに最高級ランクのシャンパンであるということ。

>>シャンパンのランクとは!?

一方で、”モエ・エ・シャンドン”のスタンダードは”ノンヴィンテージ”シャンパン。気軽に手を伸ばせるシャンパンという位置づけにあります。ただ、”モエ・エ・シャンドン”は種類が豊富!スタンダードは”ノン・ヴィンテージ”シャンパンだけれど、他には下記のような”ヴィンテージ・シャンパン”や小売店などに出回らない高級品も存在します!

>>”モエ・エ・シャンドン”の種類一覧!(オーナーブログ)

そして、ランク(グレード)が違えば、熟成期間がおのずと異なります。”ドンペリ”は、ドンペリ白でも8年程度の熟成期間がありますが、ノンヴィンテージシャンパンである”モエ・エ・シャンドン”の場合、具体的な熟成期間の明記はないけれど、”ノン・ヴィンテージ”であれば最低15ヶ月間の熟成を経れば出荷出来ることになっています。

以上が、『”ドンペリ”と”モエシャン”の違い!』でした!

スポンサーリンク
関連キーワード
Recommend Posts