梱包状態

シャンパンやスパークリングワインなどの発泡性ワインを贈る際、『2本セット』や複数の本数をセットで贈ろうと考える方がいるはず。

ただ、2本セットを贈る際に、陥りがちな罠があります。

今回は、シャンパンやスパークリングワインを複数本セットで贈る場合に陥りがちな『罠』について、まとめておこうと思います!

”シャンパン”や”スパークリングワイン”を複数本セットで贈ろうとする場合、低価格順で選ぶのではなく、決めた発泡性ワインの在庫がある”ショップ”で購入すること!

モエ・エ・シャンドン

 

シャンパンやスパークリングワインを2本セットや複数本セットで贈ろうと考える方が、選ぶ途中で挫折してしまうことが多い!なので、オススメは、

『贈ろうと決めた複数の発泡性ワイン、別々に違うショップで購入するのではなく、全てを扱っている1つのショップで購入すること!』

でないと、選ぶのに時間がかかり、もはやウンザリ、げっそり。贈ることも断念しかねない可能性があるからなんです。

どういうことかというと、例えば贈るシャンパン2本を決めてネットショップで購入する場合、大体の方が1本ずつ低価格順に並べて探そうとします

そう、これが『罠』。

危険の文字

『1本ずつ低価格順で探す』ことで、ドツボにはまってしまって、ストレスを抱える方が多い!例えば、2本の発泡性ワインを決めているとします。後は、購入と発送の手配のみ。1本目の発泡性ワインで低価格なものを見つけ、次に2本目を低価格順に並べて購入しようとすると、あることに気づきます。

2つのショップで購入すると、『送料が倍になる』ということ。

ここで低価格の意味がなくなり、振り出しに戻るわけです。ここでどうするかというと、多くの方が、次に低価格なものをひたすらクリックして、送料が安いショップを探すということ。すると、どんどんと時間が経って、決められなくなるんですよね。ここで挫折する方が多い。

もう1つは、1本目の発泡性ワインで低価格のものを見つけて、そのショップで購入することを決めたとします。『送料が倍になるのが嫌だから』そのショップで2本目を探そうとすると・・・チーン、2本目に購入しようとしていた発泡性ワインが販売されてないことに気づくパターン。これもまた、振り出しに戻って探し直しなんですよね。

初めから2本セットで販売されていれば楽なんですが、贈りたいと思うシャンパンやスパークリングワイン全てを扱っているショップを見つられないことも多く、そうなると、”贈るもの”自体を考え直す・・なんてことにも・・・。そうなれば、シャンパンやスパークリングワインを贈り物として断念するのも、なんだか頷けてしまいます。

だからこそ、2本セットや複数本をセットにして、シャンパンやスパークリングワインを贈ろうとする場合は、『価格で探すよりも、贈ろうとするもの全てを販売している1つのショップで購入すること』をオススメしています。

探し方ですが、大手ショッピングサイトなら、贈ろうとするもの1本ずつ検索すると、ショップ名が表示されるはず。2本目も調べて、同じショップ名を見つけるというのが、シンプルで簡単なはず。

我が家は、2本セットで、何度もこの罠に引っ掛かり、1日で探し終わらずに時間を浪費したり、断念したことが幾度か・・。なるべくストレスなく、購入できますように!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

Reccomend