ロジャーグラートカヴァ 2本

今回は、スパークリングワインのギフト購入レポートは、ドンペリに勝ったと有名な、スペインのスパークリングワイン(カヴァ)、『ロジャーグラート』の種類別2本セット!

このスパーリングワイン、シャンパンに比べればとてもお安く、今回は1本1000円代で購入し、ラッピング代を入れて3000円代(送料別)でした!

『予算3000円~4000円程度』でお祝いやギフトにスパークリングワインをお探しの場合は最適なはず!

しかも、”箱なし”のものを2本注文して、ショップのラッピング用の箱でラッピングをお願いしたので、2本を注文すると、どんな見栄えになるのか、ご覧いただけます。

ちなみに、ドンペリに勝ったというのは、日本のとあるテレビ番組で有名人が、この『ロジャーグラート ロゼ』をドンペリロゼと間違えたということで有名。

>>【ドンペリと噂】”ドンペリ”に勝った”スパークリングワイン”とは?『勝った』ってどういうこと?

間違えられたのは、2本中の1本、”ロゼ” ですが、白もとても美味しいんですよね。気兼ねなく、気取らずに、気楽に飲めて、楽しいスパークリングワインのギフト購入レポートです!

スポンサーリンク

ドンペリに勝ったスパークリングワイン、『ロジャーグラート カヴァ』の2本のギフト購入レポ!2本セットのラッピングは!?

ロジャーグラート セット

 

今回購入したショップは、毎度おなじみの酒類の総合専門店 フェリシティーさん!サイトも分かりやすく、ラッピングも豊富、梱包も丁寧、価格もリーズナブルなので、なぜかいつも酒類の総合専門店 フェリシティーさんばかり利用しています。

購入したのは、『ロジャーグラート カヴァ ロゼ』と『ロジャーグラート カヴァ ゴールド』の2本、”箱なし”のものを注文し、2本セットのギフト用の箱にラッピングをお願いしました!

どのように届いたかですが、今回は6本同時注文だったので、下記の通り大き目の箱で到着。

 

梱包箱

 

段ボール箱を開けると、下記画像の通り、振動を防ぐために緩衝材が巻かれているのが分かります。梱包もいつもとても丁寧なので、贈り先様に直接贈る場合でも安心してしまうんですよね。ちなみに、『ロジャーグラート』2本セットは、一番下の段、黒い箱に入っているものです!

 

段ボール開封後

 

段ボール箱から、ラッピングされた2本セットの箱を取り出すと、下記のような状態。

 

ロジャーグラート 2本セット

 

ラッピングの上に緩衝材が巻かれているので、ラッピング紙などに傷や汚れもつきません。緩衝材を取ると下記のようにラッピングされた2本セットの箱が登場!ラッピングも丁寧で、セロハンテープの貼り方も綺麗なのが分かります。

 

ロジャーグラート 2本セット

 

ちなみに、包装紙は選べるのですが、今回はおまかせにして、シックな黒にゴールドシールで届きました。包装紙を取ると、下記のように2本セットの箱が出てきます!

 

2本ギフト用の箱

 

今回、箱付ではなく2本のスパークリングワインをセットとして贈ることが前提だったので、ショップの箱に入れてもらいました!ロゴデザインが素敵なので、とても上品に見えます。ラッピング費用は、この箱(2本用)を付けてもらいラッピングして、400円程度でした!

箱を開けると、緩衝材に巻かれた2本のボトルが下記のように入っています。振動からの割れ対策はバッチリなのが分かります。

 

 

箱からボトルを出すと、下記の通り。

 

ロジャーグラートカヴァ 2本

 

緩衝材を取り除いて、ようやく『ロジャーグラート カヴァ ロゼ』、『ロジャーグラート カヴァ ゴールド』が下記の通り、お目見えです!

 

ロジャーグラートカヴァ 2本

 


 

以上が、”『ロジャーグラート カヴァ』種類別2本のギフト購入レポート”でした!

『ロジャーグラート カヴァ』は、シャンパンに比べたらとても安いのですが、ショップによって販売価格には差が見られます。

今回は、3000円代で2本セット、ギフトラッピングで購入しましたが、4000円代のところも!お祝いやギフトで購入する場合は、ラッピングもとても重要なので、微々たる価格差であれば、納得のいくラッピング対応のあるショップの利用をオススメしています。

それでは、また!

利用ショップ:酒類の総合専門店 フェリシティー
購入商品:1本目、ロジャーグラート カヴァ ロゼブリュット 2012 750ml スパークリングワイン スペイン 。2本目、ロジャーグラート カヴァ ゴールド ブリュット 2013 750ml スパークリングワイン スペイン

>>”ロジャーグラート カヴァ” を探す(amazon)
>>”ロジャーグラート カヴァ” を探す(楽天)

 

Twitterでフォローしよう

オススメ記事