白ワイン

ワインショップにある試飲コーナー。そこでワイワイ仲間内で試飲している方がいる一方で、樽などをテーブルにした試飲コーナーで一人ワインを楽しんでいる男性がいました。仕事帰りのサラリーマン風で、普通のスーツを着ていたのですが、「カッコイイな。」思わず出た言葉がこのカッコイイでした。

一方で、居酒屋風の立ち飲み屋さんで一人ビールを楽しんでいるサラリーマンを見かけたらどうでしょうか。無条件に「カッコイイ。」とはならないのです。ビールの立ち飲み、古きよき日本の風情が感じられて、個人的には好きなのですが、羨望の眼差しにはなりません。この差は一体何なのでしょうか。

スポンサーリンク

ワインの一人飲みは、「デキる男」を連想させる。

スーツを着た男性

ワインとビールの差、辿りついた答えは、ステータスの違いでした。ビールは大衆的で誰しもが気軽に手が届くお酒。さほど知識がなくとも、楽しむことができますし、お店に行って「生中1つ!」「ビール、グラスで!」なんて頼めば、どこでだって通用します。ビールブランドもCMなどで馴染みが多く、聞き慣れていることから難しさも感じません。

一方ワインとなるとどうでしょうか。一人飲みワインは一般消費者にとってビールにはないハードルが複数出てきます。例えば、次のようなこと。

  • ワイン=特別、ワンランク上というイメージを持ち、自分がそのランクより下だと感じていれば、ワインショップやバーに入る時点で緊張感やストレスが生じる
  • メニューやボトルのラベルを理解するのに、ある程度の知識が必要になる
  • 専門用語など横文字が並ぶため「分からない」が多く不安を抱えやすい
  • それ故(ゆえ)に、居心地が悪くなりやすい

つまり、ワインはビールのように気軽に飲めない、頭を使うということになります。となると、ワインの一人飲みが外で出来る人は、プラスαの知識を学んだ人、チャレンジした人、ワンランク上の人、要は、「デキる男」という認識に繋がるのです。

でもこれは、男性に限っていえること。女性の場合は少し違ってきます。

スポンサーリンク

女性の一人飲みは、ビールでもカッコイイ。

美女

男性と違って女性の場合は、一人飲みビールであっても「カッコイイ」、「デキる女」と同性から認識され、羨望の眼差しを向けられます。なぜなら、女性は、一人飲み自体がハードルが高く、多くの女性が出来ないからです。

立ち飲み屋さんで圧倒的に多いのは男性。なので、立ち飲み屋さんに男性が一人でビールを飲んでいる光景を見ても、特別視することはありません。女性でもグループで来ている人はちらほら見かけますが、「それだったら私も出来そう。」という思いから特別視することはありません。一方で、一人で飲んでいる女性はごくごく僅かというより、滅多に見かけない。そうなると、女性の場合は外で一人で飲むこと自体がすごいことなのです。

これらを考えると、多くの一般消費者さんにとって「当たり前じゃないことをする人が、カッコイイ」、そういう認識があることが見えてきます。当たり前って何だろう。「当たり前」は人によって差があります。であれば、多くの人にとって「当たり前じゃないことを続ける」ことで、大きなチャンスが訪れる気がします。

あなたの中にある、人にとって「当たり前じゃないこと」は何ですか。

それでは、また。

本日の1本:「ヴィルマール  プルミエ  クリュ  リリー NV」

【価格】7千円台~*価格は変動します。

ふと思いついたのが、ヴィルマールのシャンパンでした。シャンパンの小規模生産者は、大手生産者で当たり前ではないことを深く追求している傾向が強いです。特に名高い小規模生産者は「当たり前じゃないこと」へのこだわりがあるように思いますね。>>ヴィルマールのシャンパンを見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

Twitterでフォローしよう

オススメ記事