テタンジェ

ワインボトルを見て、どれが『シャンパン』で、どれが『スパークリングワイン』か分かりますか!?

実は私、ワイン初心者の頃、どれが『シャンパン』でどれが『スパークリングワイン』なのか、分かりませんでした!

でもこれって私だけじゃないはず!ワインを普段は飲まない方にとって、『シャンパン』や『スパークリングワイン』の見分けってつかないはず。もしかしたら、赤白ワインと発泡性ワインの区別だって難しいかも!?でもね、

”シャンパン”と”スパークリングワイン”の見分け方って、すっごく簡単です!

3秒ですぐに分かっちゃう!ということで、”すぐに分かる、『シャンパン』と『スパークリングワイン』の見分け方”をご紹介します!

スポンサーリンク

ボトルやラベル(エチケット)に、"Champagne(シャンパーニュ)" の記載があるか!?

ランソン

実際には、シャンパンもスパークリングワインの1つ。でも、日本ではシャンパンはスパークリングワインとは呼ばれません。ということは、

”シャンパンを見抜くことができれば、それ以外はスパークリングワイン!!”

ということ。そして、『シャンパン』を見抜くことができる方法はとても簡単!

『ボトル上、もしくは、エチケット(ラベル)上に、”Champagne”の記載があれば、シャンパン!』

なんです。というのも、フランスにはワインの法律(AOC)があり、それによって、シャンパンには"Champagne(シャンパーニュ)"という地名をつけることが決まっています。例えば、下記のドンペリの画像を見てみましょう。

>>ワインの法律、AOCとは!?

ドンペリ

エチケット(ラベル)の上部に"Champagne"の文字が記載されているのが分かりますね!他のシャンパンも覗いてみると・・、

シャンパンLamiable

上記のシャンパンボトルにも"CHAMPAGNE"の記載があるのが分かります!じゃぁ、次はどうでしょう!

 

クレマンのある食卓

おやおや?これは、”Champagne"の記載がない!そうです、これは引っかけ問題!上記画像の発泡性ワインは、シャンパンではなく、"クレマン"と呼ばれるスパークリングワインなので、”Champagne"の記載はありません!

>>クレマンとは?

つまり、ボトルやラベルに"Champagne(シャンパーニュ)"の記載があれば、シャンパン!記載がないものは、全てスパークリングワインになります!

 

以上が、『3秒で分かる!シャンパンとスパークリングワインの簡単な見分け方!』でした!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事