はてな

これまで一般消費者としてそれなりにたくさんのワインを飲んできましたが、デイリーワインとご褒美ワインの間には明らかに違いがあることに気づきます

まずは、デイリーワインと、ご褒美ワインがどの価格帯のワインを指すかですが、ここでいうデイリーワインとは、ワンコイン(500円)程度~3000円未満のワイン。ご褒美ワインとは、3000円程度~のワインを意味します。なぜ、この価格帯にしたのかというと、実際に飲んできて、「3000円」を境に明らかに違いがあると感じたからです。

では、明らかな違いとは何なのでしょうか。

「デイリーワイン」は目先の欲求を満たし、ご褒美ワインは跡を残す

ピンドンとロジャグラロゼ

デイリーワインは、その名の通り日常のワインなので、気軽に手に入れやすく飲みやすい、いわゆる万人受けタイプのワイン。それ故(ゆえ)にデイリーワインは「美味しい」と感じやすく、気軽に酔うにはビールや発泡酒などよりもオシャレ度があるので、目先の満足感が高い傾向にあります。

そして、安旨ワインと呼ばれるものの多くが、ここでいうデイリーワインに該当します。実際に私もこれまで安旨ワインというものを多々飲んできて、美味しく楽しい時を過ごしてきましたが、後になって味や特徴などを思い出そうとしても思い出せないものが多いことに気づきます。つまり、デイリーワインのほとんどが記憶に残っていません。

泡

一方で、3000円以上のご褒美ワインとなると気軽な美味しさや目先の酔いを与えるワインというよりは、個性を主張するワインや感情を動かすワインが価格が高くなるにつれて多くなりますよね。感情を動かすワインとは、ワインを飲んで何らかの「衝撃」を受けるワインのこと。「衝撃」を受けると、「衝撃」を受けたという記憶が残ります。そんな衝撃を与えるワインは、まるで心に跡を残すかのように飲み終わって何年経ってもその記憶が残り、ふとした瞬間に思い出します。

もちろん3000円以上の全てのワインが心を動かすワインに該当するわけではないけれど、ふと記憶に残るワインを思い浮かべると、そんなワインの9割が3000円以上のワインなのです。

そんな「デイリーワイン」と「ご褒美ワイン」ですが、では一体どちらが良いのでしょうか・・。目先の欲求を満たしたいのであれば断然デイリーワインが良いですよね。私の場合、気軽に美味しく楽しい一時を過ごしたい時はデイリーワインを好みます。でも、やみつきにさせるのは、ご褒美ワイン。その代わり、ご褒美ワインの場合は、目先の欲求は満たされないことも多いのです。

満足しやすいのは「デイリーワイン」、やみつきになるのは「ご褒美ワイン」

夜景とワイン

デイリーワインは価格もリーズナブルなため、ワインへの過剰な期待もなく、一般消費者が満足しやすくなります。デイリーワインにつしてイメージしやすいよう大雑把な例えを言えば、オシャレ度やアルコール度数が高い、ビールの立ち位置。気軽に購入できて、多くの人を満足させる、デイリーワインはそんな感覚なのです。

では、3000円以上のご褒美ワインはどうかというと、価格が高くなる分、ワイン単体に対する期待感も高くなります。つまり多くの一般消費者が、ご褒美ワインに「美味しさ」や「特別感」を期待してしまうということ。でも、3000円以上のワインは、価格が高くなるにつれて万人受けのワインというよりは、各ワインごとに個性が強まるので、実は満足しづらくなります。人によって好みも違うので、当たり外れが分かりやすくなるのです。

赤ワイン

また、さきほど3000円以上のご褒美ワインは「跡」を残すとお伝えしましたが、その跡(記憶)は決して「美味しい」記憶とは限りません。例えば、衝撃の中にはもちろんあまりの美味しさに驚く「美味しい衝撃」もあれば、「正体が掴めない悔しい衝撃」、「どよーんと寂しい衝撃」もあるのです。逆に、何の衝撃なのか明確に表現出来ないけれど、漠然とした曖昧な感覚で記憶に残るものもあります。

普通は、「正体が掴めない悔しさ」や「寂しさ」という感情は不安と繋がりやすいため、あまり心地良いものではないですよね。なので、次は避けるようになるはずですが、ワインにおいては違います。飲んだ直後は複雑な気持ちで「悔しい」、「もう二度と飲まない!」と思うのですが、数か月後には、「もう一度飲んでみたい」と思わせるものがあるのです。これが、ワインの凄さ。

ワインの場合、たとえ良い「跡」でなくとも、「思い出す」、「もう一度飲んでみたい」と思わせるのです。だからこそ、私にとって満足しやすいのはデイリーワイン、やみつきになるのはご褒美ワインなのです。

本日の1本:”アルガブランカ ブリリャンテ”

【価格】5千円台~※価格は変動します。

数少ない国産の”やみつき”スパークリングワイン。飲んだ時に受けた「壮大さ」や「山が連なるイメージ」に圧倒されたのに衝撃を受け、何年経ってもずっと記憶に残るスパークリングワインです。>>”アルガブランカ ブリリャンテ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

関連記事

関連キーワード

Twitterでフォローしよう

オススメ記事