ghマム

”シャンパン”という言葉は、世の中に浸透し、特別な時に飲んだり、贈ったりするお酒として人気も高いけれど、”シャンパン”って具体的には何なのか、知らない方も多いはず。

”シャンパン”について少し知識を入れると、ギフトシーンやレストランでもスマートに対応できて気持ち的にも楽になります。

ということで、そんな”シャンパン”について、シャンパンの種類も含めてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

シャンパンとは!?シャンパンって何!?

ワインとシャンパンの関係図

シャンパンは、上記の図にある通り、ワインという大枠の中でもスパークリングワイン(発泡性ワイン)の1種。フランスのシャンパーニュ地方で生産される一部のみが”シャンパン”であり、その”シャンパン”であるためには、製造方法やブドウ品種、生産地など、フランスのワイン法(A.O.C)の規定に沿う必要があります。

つまり、それ以外の発泡性ワイン(スパークリングワイン)を”シャンパン”と呼ぶことは出来ないということ。よって、日本ではシャンパン以外の発泡性ワインを”スパークリングワイン”と呼ぶ傾向にあります。ただ、その”スパークリングワイン”という呼び名は、実は世界共通ではなく、”各国のスパークリングワインの呼名&種類一覧”にあるように、国によって呼名は異なります。

ランソン

また、”シャンパン”は、”シャンペン”、”シャンパーニュ”とも呼ばれています。このように呼名が分かれてしまうのは、”シャンパン”はもともと外来語だから。

シャンパンはそもそもフランス語では”champagne(シャンパーニュ)”のため、フランス語風に”シャンパーニュ”と呼ぶ方もいます。一方で、これを英語風に言うと”シャンペン”。米国でのセレブリティのリアリティショーなどでシャンパンがよく登場しますが、その際は、”シャンペン(シャンペイン)”という風に聞こえるため、”シャンペン”と呼ぶ方もいらっしゃいます。

では、この”シャンパン”、たくさんのスパークリングワインの中からどう見分けるかというと、見分け方はとても簡単!”シャンパン”は、ボトルやラベル上に”champagne(シャンパーニュ)”と記載があるため、”champagne(シャンパーニュ)”という記載があれば、”シャンパン”ということになります。

スポンサーリンク

”シャンパン”のラベルの読み方!

ラミアブルのラベル

シャンパンのラベル(エチケット)の読み方については、シャンパンのラベル(エチケット)の読み方!という記事で3つのシャンパンのラベルの内容を詳しくまとめています。ここでは、その内の1つ、上記の”ラミアブル”のラベルを画像の数字の順に説明していきます(記事から引用)。

”シャンパン”のラベルは、デザインは様々ですが、記載事項は大体同じ。他のラベルも見てみたいという方は、シャンパンのラベル(エチケット)の読み方!ご覧ください。

上記画像の”ラミアブル”というシャンパンのラベルに記載されていることは下記の通り。

①CHAMPAGNE (シャンパーニュ)

この発泡性ワインが、シャンパンであることを意味します。

②BRUT (ブリュット)

このシャンパンが辛口であることを意味します。辛口以外の場合は、各”甘辛度”を表す用語が記載されています。

③Lamiable (ラミアブル)

生産者名が記載されています。

④GRAND CRU a Tours sur Marne

このシャンパンに使われているブドウは、フランスの"トゥールシェルマルヌ地区"の最上級の畑で栽培されたブドウを使用していることを意味します。

⑤12,5%vol.

アルコール度数が、12.5%であることを意味します。

⑥NM (ネゴシアン マニピュラン)

生産者の形態を示す表記で、他から購入したブドウやワイン、自社で保有する畑で収穫されたブドウなど様々を使用して、シャンパン造りをしているということを意味します。大手メゾンのほとんどがこの形態であると言われています。

その他生産者タイプについては、下記のシャンパンの種類で詳しくまとめていますのでご覧ください。

⑦750ml

このボトル内の容量が750mlであることを意味します。

スポンサーリンク

シャンパンにはどんな種類があるの!?シャンパンの種類!

空に?の文字

シャンパンは、下記5つの切り口から、種類分けすることが出来ます。1つずつ、説明していきましょう。

1.『色』で分ける、シャンパンの種類!

ドンペリ

見ただけで分かって、種類分けが出来るのが、この『色』!シャンパンは、『色』で分けると主に下記の2つのタイプに分けられます。

シャンパンの色別!種類!
  • ロゼ

上記の”ドンペリ”の商品画像で言えば、左のドンペリが白、右のドンペリがロゼ。白というのは、ゴールドのような色のシャンパンのこと、そしてロゼは、ピンク色のシャンパンのこと。

見分け方は簡単。”ロゼ”の場合は、ラベルやボトル上に”ROSÉ”と必ず記載がありますし、上記のように”ロゼ”の色合いを魅せるボトルデザインになっていたり、”ラベル”にピンク色を取り入れていたりするため、ボトルの外観からも大体見分けが付きます。

スポンサーリンク

2.『ランク』で分ける、シャンパンの種類!

ランクやグレード別に下記の通りシャンパンの種類を分けることが出来ます。

各ランクについては、”シャンパンとランク”で詳しくお伝えしていますが、さらりとまとめると下記の通り。それぞれのランクに表示されるシャンパン画像(商品画像)は、そのランクに該当するシャンパン例になります。

プレスティージュとは!?

各シャンパンブランドが出す、最高級品という位置づけ。熟成期間は、5~7年。また、プレスティージュシャンパンのほとんどがビンテージシャンパンに属します。ドンペリニョンもこの”プレスティージュ”の1つ。

(見分け方)特に表記はないけれど、価格が目安。1万円以上のシャンパンは、このランクに該当する考えましょう。

ヴィンテージとは!?

優れたブドウが収穫された年に造られ、その年のブドウのみで造られるシャンパン。よって、その年のブドウの個性が出るシャンパンと言えます。熟成期間は最低でも3~5年ですが、それ以上の熟成期間を経ているものも多いです。

(見分け方)見分け方はとても簡単。ラベルに年号表記あれば、ヴィンテージシャンパン。他にも”Vintage(ヴィンテージ)”や”Millesime(ミレジメ)”と記載されていれば、”ヴィンテージ”シャンパンであることが分かります。

ノン・ヴィンテージとは!?

一般的なスタンダードシャンパン。複数の収穫年や、違うブドウ品種、異なる畑のブドウから造られたワインをブレンドして製造されいるシャンパン。熟成期間は、最低でも15ヶ月間。

(見分け方)ラベルに収穫年の記載がなければ、ノン・ヴィンテージシャンパンになります。

スポンサーリンク

3.『甘辛度』で分ける、シャンパンの種類!

シャンパンには、下記のような甘辛度が存在します。現在の主流は辛口ですが、昔は甘口が主流でした。

甘辛度表

 

この甘辛度の見分け方は、下記”シャンパンの甘辛度と選び方”でまとめている通り。

ほぼ全てのシャンパンボトル(ラベル)に甘辛度の表記があるため、”甘辛度”の表記さえわかれば、見分けるのは簡単!

ドンペリのラベル
例えば、上記はドンペリのラベルですが、黄色枠で囲んでいるところに”Brut(ブリュット)=辛口”と記載があるのが分かります。

他にも、下記は”モエ・エ・シャンドンの甘口シャンパン”ですが、ボトル(ラベルの)の黄色枠部分に”Demi-Sec(ドゥミ・セック)=甘口”の表記があるのが分かります。

モエ アンペリアル ラベル

 

甘辛度の表記は小さく見づらいこともありますが、必ず表記があるので探してみましょう。

>>シャンパン&甘辛度】お祝いや贈り物のシャンパン、”甘口” か “辛口” どちらが良いの!?シャンパンの甘辛度と選び方!

スポンサーリンク

4.『生産者別』に分ける、シャンパンの種類!

シャンパンを造る生産者は、下記のようにいくつかのタイプに分かれています。

生産者別、シャンパンの種類!
  1. NM:ネゴシアン マニピュラン
  2. RM:レコルタン マニピュラン
  3. CM:コオペラティヴ ド マニピュラン
  4. RC:レコルタン コオペラトゥール
  5. MA:マルク ダシュトゥール
  6. SR:ソシエテ ド レコルタン

それぞれの生産者の説明など、詳しくは、”生産者のタイプ”にまとめていますが、上記”1.ネゴシアン マニピュラン(NM)” と ”2.レコルタン マニピュラン(RM)”は、知っておくとよりシャンパンを楽しめるはず。

大きな生産者は大体が”1.ネゴシアン マニピュラン(NM)” であることが多く、他からブドウやワインを買い付けてシャンパンを造る生産者を意味します。ドンペリの生産者である、”モエ・エ・シャンドン社”もこの”NM”に該当します。

”2.レコルタン マニピュラン(RM)”は、自分で栽培したブドウを使ってシャンパンを造る小規模生産者。なので、シャンパンの生産本数などが限られていて、日本では希少価値が高まるものが多いです。

これらの生産者のタイプ、どこで分かるかというと、シャンパンボトルのラベル部分に小さく略称(例えば、"NM"や"RM"など)で記載されていることが多いです。ただ、とても小さいので、よく見ないと気付かないかもしれません。

>>【シャンパンと生産者】生産者のタイプから知る、シャンパン!

スポンサーリンク

5.『ぶどう』で分ける、シャンパンの種類!

シャンパンは、異なるブドウ品種や畑などのワインをブレンドするのが一般的ですが、下記のように限られたブドウにこだわって造られているものがあります。

”ブドウ”で分ける、シャンパン種類!
  • ブラン ド ブラン(Blanc de Blancs)
  • ブラン ド ノワール(Blanc de Noirs)

”ブラン ド ブラン”とは、白ブドウのみを使って造られた、シャンパンのこと。ブドウの品種はシャルドネというブドウ品種。シャルドネ100%で造られているシャンパンです。

”ブラン ド ノワール”とは、黒ブドウのみを使って造られたシャンパンのこと。ブドウの品種は、ピノ・ノワールかピノ・ムニエという品種で、それぞれ100%か、合わせて100%で造られます。

見分け方は簡単、必ずボトルやラベルに、”ブラン ド ブラン(Blanc de Blancs)”か”ブラン ド ノワール(Blanc de Noirs)”の記載があります。下記シャンパンも、ラベルにある年号(2004)の上に、”BLANC DE BLANCS(ブラン ド ブラン)"の表記があります。

コントドシャンパーニュ

ということは、このシャンパンは、”白ブドウ”のみで造られている”ということが分かります。

以上が、”シャンパンとは!?シャンパンの種類!”でした。

これぐらいのシャンパン知識があれば、贈り物をするにも、手土産にするにも、飲む際の豆知識としても十分。逆にシャンパンネタで話題を広げることも出来ると思います。

ストレスなく、”シャンパン”を楽しみましょう!

>>手っ取り早く簡単にシャン・スパギフトを選べる!シャン・スパギフト!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事