はてな

特別な時に、「ワイン」、「シャンパン」を飲みたい!お祝いや贈り物、ギフトに「シャンパン」や「ワイン」を贈りたい!

そんな時にふと浮かぶ疑問がコレ。

「ワイン」、「シャンパン」ってどう違うの!?「ワイン」、「シャンパン」って何!?

 

「ワイン」、「シャンパン」。今や、世の中で日常的に聞くようになりましたが、「ワイン」、「シャンパン」が具体的に何なのか知らない方も多いはず。

でも、ワインやシャンパンを人に贈りたい、大切な人と一緒に飲みたいという時に、ワインやシャンパンを知らないことへの不安が頭を過(よぎ)ります。

そんな不安を解消するべく今回は、『ワインとシャンパンの違いや、ワインとシャンパンについて』、簡単に分かるようまとめてみました!

スポンサーリンク

ワイン、シャンパンの違いとは!?オススメワインは!?

ワイン、シャンパンとは!違いは!?

木箱

ワインとシャンパンの違いを知る前に、まずは両者の意味や定義を理解しておきましょう。

まず、一般的にワインとは、葡萄(ブドウ)を原料として造られたアルコール飲料のことを意味しています。国によって、ワインの詳細な定義やワインと呼ばれるためのルールに多少の違いはありますが、『ワイン=葡萄(ブドウ)を原料として造られたアルコール飲料』という認識があればOK。

次に、シャンパンとは、ワインの中でも発泡性ワイン(スパークリングワイン)の一種で、フランスのシャンパーニュ地方で造られた一部のスパークリングワインを指しています。

つまり、ワインとシャンパンの関係を図で表現すると下記の通り。

ワインとシャンパンの関係図

ワインというアルコール飲料のカテゴリーの中に、スパークリングワイン(発泡性ワイン)があり、そのスパークリングワインの中の1種がシャンパンということ。実際には、ワインには、赤・白ワイン、スパークリングワインの他にもロゼワインやその他種類がありますが、分かりやすいように上記の図で説明しています。

スポンサーリンク

では、ワインとシャンパンの違いって何!?

ghマム

両者ともブドウを原料としたお酒であることは同じですが、違いといえば、ブドウを原料としたお酒の範囲が違います

「ワイン」はブドウを原料としたお酒の包括的(全体的)な呼名であるのに対し、「シャンパン」は極めて限定的なワインを指します。なので、シャンパンも赤・白ワインも、ワインと呼べますが、赤・白ワインやその他の発泡性ワイン(スパークリングワイン)をシャンパンと呼ぶことは出来ません。あくまで、シャンパンは、限定された一部ワインのみシャンパンと呼ぶことが出来ます。

これが、ワイン、シャンパンの違いです。

でもなぜ、ワインの中でシャンパンという限定的な産地のワインだけが知名度が高く、一人歩きしているのでしょうか!?

それは、シャンパンが人気だから。この一言に尽きます。

なぜ、ワインの中でシャンパンが人気なの!?

ランソン

ワインの中の産地が限定されているワインで、断然知名度が高く、人気なのがシャンパン。お祝いの贈り物やギフトとしてはもちろん、慶事のイベントやパーティにもシャンパンが重宝されています。その理由は下記の通り。

シャンパンが人気の理由!
  • シャンパンは、ワインの中で高級、特別、慶事、お祝というようなイメージが定着しているから。
  • シャンパンは発泡性ワインのため、ワインの中では飲みやすく、人の好みに左右されないから。

シャンパンは、高級、特別、慶事というイメージが定着しているので、シャンパンの存在だけで、特別感を演出出来てしまうのが最大の魅力。

また、シャンパンは発泡性ワインのため飲みやすく、人の好みに左右されないのも魅力的。だからこそ、ギフトや贈り物、パーティシーンなどで重宝されています。逆に、最も好みが分かれるのは、赤ワイン。なので、ワインのギフト選びにおいては、赤ワインが最も難しくなります。

泡

これらが、ワインの中でシャンパンが人気な理由。だからこそ、パーティシーンや特別な時、そして贈り物やギフトとしてシャンパンが選ばれています。

ただ、そんな人気のシャンパンでも、シャンパンによっては美味しくないと感じてしまう可能性があるのをご存知でしょうか!?

シャンパンって決して安くないんですよね。だからこそ、せっかく選んだシャンパンに後悔するのではなく、『美味しい』とか『嬉しい!感動!』といった満足感を抱いてほしい。

ということで、次に、自分や大切な人と飲むためのオススメシャンパン”ギフトや贈り物にオススメのシャンパンを紹介しておこうと思います。

初めてでも美味しいと感じられる、オススメワイン(シャンパン)は!?

【価格】5千円程度~*価格は変動します。

まずは、上記のモエ・エ・シャンドン アイスアンペリアル。ドンペリの生産者が造る、モエ・エ・シャンドンというブランドの甘口シャンパン。

普通のワイングラスに氷を入れて楽しむカクテルタイプの甘口シャンパンで、リゾートだけのモエと言われ、小売店では販売されないもの。

まるでスイーツのような感覚に陥るシャンパンで、お酒があまり強くない方は、ワインが苦手という方でも、あまりの美味しさにグビグビ飲んでしまうかも!?感動という感情さえ芽生えかねない、新しい感覚のシャンパンです。

甘さが心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、甘いのに後味スッキリ。チューハイなどの甘いお酒とは全く違う感覚がありますよ!>>モエ・アイス・アンペリアルを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

次にオススメしたいのは、下記の”パイパー・エドシック ブリュット”。シャンパンでは主流の”辛口”で、カンヌ国際映画祭の公式シャンパンやマリリン・モンローが愛したシャンパンとしても有名なもの。

【価格】3千円後半~*価格は変動します。

このシャンパンの魅力は、飲み手を選ぶことなく、美味しさが分かりやすく陽気で楽しい気分にしてくれるところ。シャンパンの中には、飲み手を選び、人によってはどんより感じてしまうものもあるのですが、このシャンパンは真逆。陽気にしてくれます。>>パイパー・エドシック ブリュットを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

ちなみに、「シャンパンだとちょっと高価すぎる!」という方には、手頃なスパークリングワイン、下記のサンテロ ピノ・シャルドネやロゼがオススメです。

【価格】千円程度~*価格は変動します。

1000円程度で購入できるスパークリングワインの中では、コスパが良い、美味しく楽しい一時を気軽に過ごせるスパークリングワインです。>>サンテロ ピノを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

相手に喜ばれる、オススメのワイン(シャンパン)ギフトは!?

【価格】5千円程度~*価格は変動します。

まずは、上記のバロン・ド・ロスチャイルド ブリュット

ボルドーの赤ワインで有名な”ロスチャイルド家”が造るシャンパンで、1口目から力強く大きなインパクトが心を揺さぶります。その力強さを”美味しさ”として捉えらえるので、あまりの美味しさに感動する方もいらっしゃるはず。何度もリピートしたくなるシャンパンです。>>バロン・ド・ロスチャイルド ブリュットを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

次にオススメしたいのは、下記のバロン・ドーヴェルニュ フィーヌ・フルール・ド・ブジー グラン・クリュ

【価格】5千円台~*価格は変動します。

贈り物は見た目も大事。シャンパンの多くは、ボトルデザインやラベル、箱に至るまで、デザイン性に優れているものが多数存在します。

そんなデザイン性に優れているシャンパンの1つがこのシャンパン。小規模生産者が造る黒ブドウのみを使った辛口シャンパンですが、生産量も少ないため希少性があります。じっくり、ゆっくり語らいながら楽しめるシャンパンです。>>バロン・ドーヴェルニュ フィーヌ・フルール・ド・ブジー グラン・クリュを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

最後に選ぶのは、下記のポル・ロジェ ブリュット レゼルヴ

【価格】5千円台~*価格は変動します。

イギリス王室御用達ブランドとしても有名なブランド”ポル・ロジェ”で、ウィリアム王子やヘンリ王子の婚礼の際に振る舞われたことでも有名なブランド。上記は、そのポル・ロジェのスタンダードタイプの辛口シャンパン。

ポル・ロジェのイメージ通りクラシカルで気品のある印象を与えてくれるシャンパンです。>>ポル・ロジェ ブリュット レゼルヴを見てみる(楽天市場)(Yahoo!ショッピング)

以上が、『ワインとシャンパンって違うの!?ワイン、シャンパンとは!?違いとは!?』、そして、『初めてのワインのオススメ&ギフトにオススメのワイン』でした。

難しいワイン、少しでも不安が軽減され、少しでも心地よく、楽しくなりますように!それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事