シャンパングラスと夕焼けの海

美味しいワインに出会うと、その美味しさを人と共有したくなります。だからこそ、人のためにワインを準備したり、贈ったりします。当然ながらそれは、人の好意によるもの。ただ、その好意が相手にとって良いとは限りません。それをありありと感じることが出来るのがワイン。

なぜなら、ワインは人によって好みが分かれるから。自分が美味しいと思ったワインが、相手も美味しいと感じているとは限らないということ。私たち夫婦もそう、”南の女が好むワインと北の男が好むワイン”という記事で詳しく書いていますが、夫婦でワインの好みが全く違います。特に困るのが、夫が最高に美味しいと思うワインに限って、私が苦手な傾向にあること。つまり、夫が美味しいとうワインが「美味しいと感じられない」のです。

ここで素直に『美味しくない』と言って円満に終われば良いのだけれど、これがなかなか難しい。特に夫が「美味しいから一緒に飲もう」とワインを用意した背景には、私への愛情があり、私が「美味しい」と喜ぶ姿を期待しているからです。それに、私としても、夫が抱くこの”愛情(好意)”は大事にしたいわけです。

ハート

でもこれは、私たち夫婦に限ったことではないはず。誰もが、人のためにと好意から何かを準備する背景には、相手を喜ばせたいという思いがあります。”プロポーズ”もそうですよね。愛する異性のために必至でプロポーズの演出を考えます。それは、愛する異性に受け入れてもらいたいし、喜ばせたいから。でもそこで、相手が喜ばなかったり、せっかく準備した演出を否定されたりすれば、人はどう反応するのか。

プライドが傷つき自信を失くす、拗ねる、怒る、落ち込むなど、いずれにせよマイナスな感情を抱く人が多いのは簡単に想像が付きます。表面的には、クールで気にならないそぶりを見せる態度を取る人にも注意が必要。特に男性の場合は、自信家に見える反面、実はすごく繊細という方がいます。そんな男性はプライドから素直になれないだけで、自分の思いを否定されたとなれば、女性の想像を遥かに上回るほど心に大きな打撃を負っているケースは少なくありません。

そうなると、その相手との関係性は悪化してしまいます。どうでも良い相手、関係性が悪化しても良い相手であれば、苦手なワインも『美味しくない』と単刀直入に言えば良いけれど、関係性を良好に保ちたい相手であれば、多少の気遣いが必要。

夜景とワイン

その点において、以前は夫だからと”苦手”と正直に伝えていたら、「一緒に飲みたくなくなる」と指摘を受け、色々と対応を変えてみたところ先日ようやく合格点をもらいました。そんな夫は表面的にクールなようで、実はすごく繊細な心の持ち主。私への愛情から準備したワインに「美味しくないから、遠慮する」と言い放てば、表面的には「そうなんだ」とクールに言うタイプ。でも、心の中は違います。無意識下で自分の思いを否定されたと錯覚し、心を閉ざします。だからこそ、ある程度の気遣いが必要なことが実は多い。

そんな彼が合格点を出した対応はどんな対応なのかを考えてみると、苦手なワインを勧められた時には3つのルーチンを行っていました。そのルーチンが、①まずは相手の気持ちを受け止め感謝する、②ほんの気持ちだけでもワインのお付き合いをする、③自分好みのワインに移る、毎回こんな流れでした。

スポンサーリンク
1. まずは相手の気持ちを受け止め感謝する。

ハート

人が、「美味しいから一緒に飲もう」とワインを準備してくれた背景には、”好意”があるので、まずはその好意を受け止めます。レストランやバーに行って、「いらっしゃい」と迎えられるのが嬉しい感覚と一緒ですよね。「わざわざ準備してくれてありがとう」、「嬉しい」というように、自分を思い準備してくれたことに感謝の気持ちを伝えて、相手の好意を迎え入れていました。

2. ほんの気持ちだけでもワインのお付き合いをする。

シャンパンとグラス

普段ワインを飲んでいる場合、ブドウ品種や産地を聞けば、飲む前からなんとなく苦手なワインを予測してしまうことがあります。逆に、最初は分からなくても1口飲んでみたら、苦手だったというケースもあります。

ただ、いくら苦手といっても、用意してくれたワインに一切口をつけないのは避けたいので、気持ちだけでも付き合うようにしています。ワインなのだから飲むペースはゆっくりで良いし、1杯だって良い。逆に、早く飲み終えたいと思うばかりに飲むペースを速めてしまうと、また注がれてしまった苦い経験があるので、あえてゆっくり飲むのがオススメです。

ここで、困ることが出てくるんですよね。美味しさの同調を求められた場合です。

電球アイコン

「ね?美味しいでしょ?」と美味しさの同意を求められ、喜ぶ声や顔を期待されることって非常に多いです。こういう場合、長年連れ添った夫や、遠慮のない間柄であれば、「あなたが好きそうなワインだね。」とか「私には難しくて分からないけれど、きっとすごいワインなんだよね。」というように同意は避けて正直に感じたことを伝えることは出来ますが、これが、上司や取引先の相手となれば、飲んでいる場の目的に応じてそう簡単にはいきません。「はい、有難うございます。」と、100%否定を感じさせない対応が無難な場合もあるし、慣れた間柄であれば同意をせず、「こんな高級なもの初めてで、飲めませんよ~」と、遠慮したいニュアンスを入れることも出来るかもしれません。

でも一貫して、相手の好意を有り難く受け取っているという姿勢が相手に伝われば、関係性が崩れることはまずありません。それで崩れたのであれば、ワインに対する対応が原因ではなくて他にあるはず。

後は、相手の話しを聞いてあげれば良い。美味しいワインを飲んでいるときの夫は上機嫌。饒舌(じょうぜつ)になっていることが多いので、聞き役に徹します。聞いてもらうことで嫌な感情を抱く人はまずいません。逆に、理解してくれている、受け入れられているという安心感を抱くので、良い関係性を築く上でも好都合ですよね。

スポンサーリンク
3、自分好みのワインに移る。

泡

多少のお付き合いをしたところで、行動を起こします。夫や慣れた間柄であれば「今日は他のワインも飲みたい気分だから、次は白(他のワイン)を飲んでも良い?」と正直に聞きます。※会社関係や、接待などの利害関係が絡んでいる場合は、この違うワインに移るということ自体が難しい可能性はあるので、それは後ほど。

すでに相手の気持ちを受け止め、お付き合いもしていることから、この問いかけに否定的な応えや態度が返ってきたことは一切なし。逆に、「もちろん」と快諾されるか、「もしかしてちょっと苦手だった?」と気遣う言葉が返ってくることもありました。そういう時は「私にはちょっと難しかった。」とか「合わなかったかも!?」なんて、正直に伝えることもあります。この時点であれば、正直に言っても、関係は悪化せず、相手からも嫌な気はしないのだと伝えられました。なぜなら、すでに”好意”を私が受け取り、喜んでいるということを示していたからだそうです。

本来、親しい間柄ならば、正直に伝える方が良いですよね。長い付き合いを考えると我慢を続けても良いことはなく、本当は苦手なのに、好きだと思い込まれているのは後々(のちのち)困ることになるからです。

でももし、これが会社関係や利害関係が絡む相手だとしたら、そもそもこの違うワインに移ること自体が難しい可能性があります。そういう場合は、”2のお付き合い”で”飲むペースを落とす”が無難。これならば、相手から「飲んでないんじゃないか!」と言われても、「弱くて酔うとご迷惑をおかけするので」や「医師から指導されていて」というように、いくらでもフォローが出来ます。逆に、「たくさん飲むと申し訳ないから」というような気遣うそぶりはご法度。大抵、「どうぞどうぞ」や「遠慮しなくて良い」と言われ、逆効果になります。

私の場合、こんな風に3つの流れで、人間関係x苦手なワインへの対処をしていることが分かりました。

相手の好意とはいえ、無理をしすぎるのはつらいですよね。我慢し続ければ、いずれは限界がくる。限界を超えてしまえば、相手との関係は破綻します。だからこそ、苦手なワインに無理はせず、相手へのちょっとした気遣いと対応が必要だと感じます。

今日の1本:”バルバレスコ ボルディーニ 2015 エルヴィオ コーニョ”

【価格】5千円台~*価格は変動します。

イタリアの赤ワイン。ブドウ品種は、”ネッビオーロ”。夫が美味しいからと、共有しくれた赤ワインでしたが案の定、私は苦手。知識を入れるのが好きで穏やかさを好む方は、夫の気持ちを共感できるかもしれません。

>>”バルバレスコ ボルディーニ”を見てみる(楽天市場)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事