私たち夫婦、夫婦としての関係性は良好。決して家族という安心感からくる関係性ではなく、あくまで夫婦として良い関係ということ。それは週末に取れる夫婦の時間が待ち遠しく、日々の会話が楽しみなほど。

こんな私たちだけれど、決して良い関係を続けてきたわけではありません。それまでは、「妻を女性として見られない」、「夫と話したくない」というような他の夫婦が抱えるような課題を抱え、破綻の一歩手前にいた気がします。

でも、修復出来ました。というより、「それよりもさらに飛躍した」とでも言った方が正しいのかもしれません。そのきっかけが、実は『ワイン』でした。



”夫婦(人間)関係”修復のきっかけは、ワインだった。

泡

結婚生活というのは長い道のりですよね。結婚当初は、仲睦まじく過ごせますが、その後の円満な人間関係(夫婦関係)の継続は難しくなります。それは、スポーツ選手の活躍でも例えられるはず。

スポーツ選手が一時の活躍で一気にスターダムにのし上り、一心に注目を浴びることがあるけれど、瞬間的な活躍はまだ簡単と言われることがあります。なぜなら、その状態(活躍)を維持をするのはその何倍も何十倍も難しいからです。そこには隠された苦悩があり、努力があり、真面目さが存在するはずです。

これは、結婚生活(夫婦生活)においても同じ。スポーツ選手の怪我のように、乗り越えなければならない大きな波が幾度となく来ます。そんな波を見過ごし流されるままにしておけば、いつのまにか互いの有難みを忘れてしまうのです。

そしてこれは、私達夫婦にも当てはまっていたこと。結婚してから月日が流れるにつれ、日々の目先の忙しさに流され、夫婦の会話はどんどん減っていきした。途中で気づかなければ、今頃は一言も交わすことなく、お互いの粗探しに勤(いそ)しんでいたかもしれません。

そんな私達夫婦を救ってくれたのが、”ワイン”でした。夫婦関係が冷え切っていた頃、互いに仕事や育児、家事で精一杯の中、ワインを飲む週末が唯一の夫婦の時間となり、私達の危機を救ってくれたのです。

スポンサーリンク

ワインは、相手を理解するための『時間』と『機会』を生む。

ワインが人間関係において貢献してくれるのは、飲んでいる間、相手と会話をする時間を与えてくれること。つまり、ワインは、コミュニケーションを取るための『時間や機会』を生みます。話す時間が増えれば相手への理解が深まり、相手への理解が深まれば関係性を阻んでいた”誤解”や”わだかまり”が解ける機会に恵まれます。

そんな私達の関係を紡いでくれた”ワイン”を象徴する1本が、シャンパン、”クリュッグ”ですね。


スポンサーリンク

なぜ、クリュッグなのか・・。

クリュッグのラベル

我々夫婦は、それぞれワインの好みが異なります。感覚的に言えば、夫は物静かでディープなワインを好み、私は明るくオープンなワインが好き。そんなことから、私達2人の好みに完全に一致するワインは本当に少ないのが現実です。そんな中、好みが違う私達夫婦を心底楽しませ、好みだと言わせたのが、この”クリュッグ”というシャンパン。

考え方や捉え方が異なり、自分が正しいはずだと意地になって別方向を向いていた私たちが、共にこのワイン(シャンパン)を飲むことで、同じ1つの方向を向くきっかけになり、美味しさや楽しさを共有できることで一体感を感じられたのです。

この”クリュッグ”の価格、”プレスティージュシャンパン”といって、最高級のシャンパンであるが故に高価で驚く方も多いはず。でも、こんなワインは滅多に出会えません。

私たちにとって、人間関係の修復のきっかけになったのはもちろんのこと。どんな人をも受け入れ楽しませる大きな包容力があり、我々夫婦こんなにも好みが違うにも関わらず、『クリュッグは好み』と両者に言わせてしまうのです。それに、たった1本(750ml)の経験で、その時の幸せな気持ちがずっと記憶に残り、何年経っても忘れられない、そんなワインは本当に僅か。

つい「こんな人になれたら・・」、そう思わずにはいられないワイン(シャンパン)がこの”クリュッグ”なのです。

私たち夫婦の関係を紡ぐワイン、次はどんなワインに出会えるのか。今週末も、楽しみでなりません。

記事内に登場したワイン(シャンパン)、”クリュッグ”。

【価格】2万円台前半~ *価格は変動します。

>>”クリュッグ”を見てみる(楽天市場)、(Amazon)

Twitterでフォローしよう

オススメ記事