グラス実験

ワイン(シャンパンやスパークリングワインを含む)の専門用語、”テイスティング”って言葉、聞いたこともある方、なんとなーく”テイスティング”という言葉を使っている方、知っている方、想像できる方も多いのではないでしょうか!

私自身、”テイスティング”についてあまり調べずになんとなーく”テイスティング”という言葉を使っていました!

そんなワインの”テイスティング”という専門用語について今回はまとめておこうと思います。

”テイスティング”とは!?ワイン専門用語、”テイスティング”について!

テイスティングとは!?

テイスティングとは、ワインを見極め評価すること。英語の”Tasting”をそのまま日本語読みにしたもので、利き酒(唎酒:ききさけ)とも言われますね!実際にワインの何を見極めたり確認したりするのかというと下記の通り。

  • 味・触感(味覚)
  • 香り(嗅覚)
  • 色・外観(視覚)

テイスティングは誰でも出来るけれど、一般消費者とプロでは、目的や出来る範囲が異なります。プロとなるとテイスティングのために、より専門的な知識が必要とされます。

一般のワイン好きさんの中には、プロと同等の知識をお持ちで、”テイスティング”を楽しまれている方も多々いらっしゃいます!

>>一般人(ワイン好きさん)の”テイスティング”とプロの方の”テイスティング”、違いとは!?(近日公開予定)

>>シャンパンやスパークリングワインのテイスティング、普通のワインとの違いは!?

スポンサーリンク

テイスティングによって分かること、出来ることとは!?

泡

テイスティングをすることによって、分かること、得られるものは下記の通り!人や立場によって得られるもの、分かることに違いがあります。

  • そのワインが自分の好みかどうかが分かる
  • 品質が分かる(飲めるかどうか、劣化してないかどうか)
  • ワインの特徴や個性が分かる
  • ワインの提供方法やサーブ方法を考えられる
  • 品質と価格が相応かが分かる
  • ブドウ品種、産地、収穫年、銘柄の予測が付く

上記を見ても分かりますが、プロの方の方が、消費者に提供もしくは販売する上で必要な情報を得るために”テイスティング”を行うという印象が強いですよね!

素人としては、楽しむために”テイスティング”をすると捉えて、あまりかしこまって考えず、気楽に『今日のワインはどうかな♡』くらいの感覚で楽しめれば良いと思います♡

以上が、『ワインの専門用語”テイスティング”について』でした!

それでは、また!

>>一般人(ワイン好きさん)の”テイスティング”とプロの方の”テイスティング”、違いとは!?

>>シャンパンやスパークリングワインのテイスティング、普通のワインとの違いは!?

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend