夜景とワイン

この『オススメのワインって何ですか!?』とか、『最近飲んだので美味しかったものは!?』って聞いていたのは、以前ワインをあまり飲んで居なかった頃の私です。w

でもね、この質問をすると大体8割くらいは、質問した後や答えてもらった後に微妙な空気が流れるんですよね。なんだか気まずい空気。

でね、ワインを日常的に飲むようになってようやく気付きました。日常的にワインを飲んでいない場合、所かまわず”ワイン好きさん”にこの質問をするのって鬼門!w

スポンサーリンク

ワイン好きさんに『オススメのワイン』を聞くと、なぜ気まずくなる!?

”ワイン好き”さんに『オススメのワイン』を聞くと、気まずくなる理由!

泡

ここでいうワイン好きさんって、日常的にワインを楽しみ、ある意味ワインにハマっている人のことを意味しています。下記のワイン好きさんのタイプでいえば中級(その中でも上の方)~上級の方!

 

そして、気まずくなる理由はズバリ、

聞く人やタイミング、場が適切でなく、聞かれた”ワイン好きさん”も困るし、答えてもらっても大体知らない”ワイン”で『へー』としかならないから!

なんですよね。だから、聞かれた”ワイン好きさん”も、急に質問が来て(→例えば仕事の飲み会の席で)、相手が本当にワインに興味があって聞いているのかも分からず『えーと』と頭の中の記憶を張り巡らせて困っているか、ポンッと答えても普段ワインを飲まない方にとっては大体マニアックなワインが多いので、『へー。』とか『そうなんですかぁ。』で終わっちゃうんですよね。w しかも、せっかく答えてもらったワインは大手スーパーなど、気軽に手に入らないワインが多い。

だから、お互いが”解決した!”とか”楽しい”という感情を共有できない会話になり、一瞬シラける・・・それが初対面だとなおさら、き、気まずい!

スポンサーリンク

だから、本気でワインを知りたいとか、興味があって聞いているのなら、聞いたワインの名前をせめてメモを取っておきましょう!知らない外国名のワインって、すぐ忘れます。wそれに、聞いた”ワイン好き”さんも、『あ、本当に知りたくて聞いているんだ』って分かるので、会話を進めやすいはず。

ただ、”ワイン好きさん”の中には、聞いてきた相手の立場を考慮して答えてくれる方も稀にいます。これは余裕がないと出来ないし、相手を思いやる必要があるので少数派。オススメしたワインがどこで手に入るのかを教えてくれたり、手軽に手に入れられるワインの中からオススメを答えてくれたりします。

ただ、さきほどもお伝えした通り、こういう方はなかなか居ません。なぜなら、質問が大枠すぎるし、聞いてくる場が別のことをするのが目的の場だったりするので丁寧に答える余裕がない!

でもね、場所を選べば、こういった大枠の質問をしても、丁寧に答えてくれる”ワイン好きさん”に出会えます!詳しくは、次の、”じゃぁ、オススメを聞きたい場合はどうしたら良い!?”でお伝えしていきます。

スポンサーリンク

じゃぁ、オススメを聞きたい場合はどうしたら良い!?

はてな

”ワイン好き”さんにオススメのワインを聞きたい場合、聞く”ワイン好き”さんやタイミング、場所を選びましょう

普段ワインを飲まない方の場合は、大手デパートの地下などに入っているワインコーナーの”ソムリエ”さんか店員さん。もしくは、大手ワインショップの”ソムリエ”さんや”アドバイザー”さん(店員さん)といった職に就く”ワイン好きさん”に聞くのがオススメ!

こういった”ショップの店員さん”を兼ねた”ワイン好きさん”の場合、そもそもお客様に対応することがお仕事なので、大枠でオススメを聞いても丁寧に、相手の立場に立って答えてくれる方が大半です。

逆に、オススメのワインを聞いて気まずくなる可能性が高いのは、初対面のワイン好きさんに聞いた場合や、仕事場の同僚や先輩に仕事中に聞いた場合など。また、個人経営の一部のワインショップの店員さんやオーナーさん。個人経営のワインショップの場合、リピートする可能性のあるワイン好きさんを対象にしているところが多く、対応に差が出ることが予測できます。なので、こういった場合は、軽い気持ちでオススメワインを聞かない方が良し。

さらに、聞くタイミングでいえば、仕事中や、別の目的を遂行中の場合など。→こういう場合は、相手のことを思いやる余裕がないので、雑な答えになりがち!

スポンサーリンク

でもね、この問題ってワインの経験値が上がってくるとあっさり解決します。というよりも、オススメのワインを聞く上で、聞く相手を自分で選ぶようになるし、質問の仕方も変わってくるからなんですよね。

例えば、ワインをあまり飲まなかった頃は、『オススメのワインって何ですか』だったのが、『リースリング(ぶどう品種)でオススメってありますか?』って聞くようになったり、『フランスのローヌ地方の赤でオススメは!?』なーんて条件を出せるようになるし、聞く場所や相手も自分が知りたい情報が得られるように選ぶようになります。

そうなると、相手も答えやすく、分からなければ『その辺りは分からないけど、最近○○ってのが美味しかったよ』という具合に自然と会話が進みます。気まずさもなし!

なのでこの気まずさって、”あまりワインを知らない頃に起こりやすい現象”なんだと思います。

ということで、”ワイン好き”さんにオススメを聞く場合は、聞く場所やタイミング、人を選びましょう!w

以上が、『ワイン好きさんに、”オススメのワインは!?”と聞くと”場がシラける”ってホント!?ワイン好きさんにオススメのワインを聞かない方が良い理由!』でした。

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事