ドンペリとロジャーグラート

『”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”に勝った』ということで人気のスパークリングワインがあるのは、有名ですよね!”ドンペリ”といっても”ピンドン”こと”ドンペリ ロゼ”のことで、勝ったと言われるスパークリングワインは、スペインの”ロジャー・グラ―ト カヴァ ロゼ”(上記画像の左)!

何が話題を呼んだかというと、両者の価格差!参考までに上記画像を撮影した際は、左の”ロジャー・グラ―ト カヴァ ロゼ”は、1,369円(税抜)で、右の”ドンペリ ロゼ”は、28,685円(税抜)でした!価格の差はかなり大きく、この価格差を踏まえて”ドンペリに勝った”ということで話題を呼んだのも頷けます。

>>”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”を探す(楽天)、(amazon)

ちなみに”どう勝ったのか”というと、某テレビ番組内で、"ドンペリ ロゼ 1975" と スパークリングワインの”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”を試飲したところ、芸能人5人中の3人が、”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”を”ドンペリ ロゼ”と勘違いをしたということ。

でも、なぜそんな勘違いが起きるのか!?

以前から気になっていて、自分なりの答えは見つけていたのですが、実際に飲み比べたことはなかったんです。ということで、実際飲み比べてみることにしました!

そして、確信。なぜ、価格が20倍も違うのに、”ドンペリ ロゼ”に間違われたのか、理由が自分の中ではっきり分かりました!

ということで、まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

飲み比べて確信!1000円代のスパークリングワインが、”ドンペリ ロゼ”に間違われた本当の理由とは!?

飲み比べ実験詳細!

ドンぺリロゼとロジャーグラート

実験内容

”ドンペリ ロゼ”と、”ドンペリに勝った”と話題の”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”を同じタイミングで開けて、飲み比べ、両者の差を知ることで、「なぜドンペリに間違われたのか」理由を探る!

仮定

なんたって価格差は約20倍!”ドンペリ ロゼ”の方が「勝っている」、「美味しい」と感じるに決まってる!

スポンサーリンク

実際に飲み比べてどうだった!?実験結果!

黒板に電球

”美味しさ”について

ロゼシャンパン

ズバリ正直に言っちゃうと、

端的な”美味しさ”を基準にすると、”ドンペリ ロゼ”より、”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”の方が美味しいと感じてしまうの、理解できます

いや~、自分でもまさかでしたが、「間違えてしまうのは理解できるな」と感じました。特に最初の一口においては”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”の方がインパクトがある気がします。

でもね、明らかに言えることは、”ドンペリ ロゼ”と”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”は、全然違います。そして、比べられないほど”ドンペリ ロゼ”の方が断然に凄いし、そもそも格が違うと感じます。

でもね、”美味しさ”という基準で言えば、”ドンペリ ロゼ”よりも”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”が美味しいと感じる人、すごく多いと思います。

スポンサーリンク

香味の変化

ロジャーグラートカヴァ ロゼ
”ドンペリ ロゼ”は温度の変化と共に香りや味に変化が感じられました。一方で、”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”は、時間が経っても変化を感じませんでした。

感情の変化

アップダウンの矢印

”ドンペリ ロゼ”に関して言えば、感情がとにかく動きます。途中陽気さを感じたと思えば、冷静沈着さを感じてズドーンと陰性を感じたり、最後には”悔しさ”や”緊張感”が芽生えたり。とにかく感情が動かされ、それが後になってもずっと記憶に残っていいます。

一方、”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”については、最初に「美味しい!」そう感じたのみ感情の変化はなし。飲んだ後に特に記憶に残る感情は今振り返ってもありません。

スポンサーリンク

まとめ!1000円代スパークリングワインが、”ドンペリ ロゼ”に勘違いされてしまう理由とは!?

ドンペリ ロゼ

理由はすごくシンプル!なぜ1000円代のスパークリングワインが”ドンペリ ロゼ”に勘違いされてしまうかというと、

”ドンペリニヨン”こと”ドンペリ”は、目先の美味しさを追い求めるのではなく、飲んだ人に”跡”を残すことを大事にしているから。

これが理由だと、個人的に確信しています。

”ドンペリ”の魅力(ドンペリ豆知識)でもお伝えしているけれど、”ドンペリ”は力強さとは程遠い存在。実際に両者を飲み比べてみて、目先の”力強さ”や”インパクト”でで言えば、”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”の方が一口目のインパクトが強く感じます。そして、”力強さ”って、普段ワインを飲まない方でも感じやすいので、”美味しさ”として捉えやすいんですよね!

なので、この最初の”力強さ”や”インパクト”から感じられる”美味しさ”で言えば、”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”の方が優位に感じます。

ドンペリとロジャーグラート

さらに、人って、私も含めてすごく分かりやすくて、価格が高くなれば高くなるほど”美味しい”という固定概念を無意識に抱えています。だからこそ、”ドンペリ ロゼ”は高価な分、「すごく美味しいはず」、「美味しさで感動するはず」と、期待を膨らませている人が多い。そうなると、”美味しさ”で優位性を感じた、”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”を”ドンペリ ロゼ”と勘違いしてしまうということが起こります!

これが、”1000円代スパークリングワインが、”ドンペリ ロゼ”に勘違いされてしまう理由”でした!

”ロジャー・グラート カヴァ ロゼ”を探す!

今回実際に飲み比べをしてみて、ようやく”間違い”が起きた理由について確信が持てました!

”ドンペリ”に限らず、”高級シャンパン”の中には、”美味しくない”など過小評価に繋がりかねないものが多々あります。それも同じ理由が生じていると感じます。目先の”美味しさ”で勝負していないということ。

そういった”シャンパン”って、簡単な美味しさはないかもしれないけれど、様々な感情が動くことで飲んだ後、長い期間が経ってもずーっと記憶に残ります。それこそが、”高級シャンパン”の証(あかし)、最近はそう感じています!

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事