ドンペリの箱
”ドンペリ”を贈ろうと思い立ち、探していると”箱付き”のドンペリと”箱なし”のドンぺリニヨンが販売されていることに気づきます。ここでいう『箱』とは上記のような、ドンペリの正規の箱のこと。

>>”ドンペリの”正規箱”の正体に迫る!箱の中はどうなってるの!?入っているものは!?

価格も微妙に差があって、思わず考えちゃいますよね!大した差じゃないけれど、安ければ安いにこしたことはない!

ということで、そんな悩みの時間を少しでも減らすためにも、”ドンペリ”をギフトや贈り物にする上で”箱付き”と”箱なし”で何が違うのか、まとめておこうと思います!

”ドンペリ”こと、”ドンペリニヨン”の『箱付き』と『箱なし』どう違うの!?どっちがオススメ!?

”ドンペリ”、『箱付き』、『箱なし』の違いとは!?

ドンペリの箱の中

『箱付き』、『箱なし』で違いや差が見られるのは下記のこと!

>>”ドンペリの”正規箱”の正体に迫る!箱の中はどうなってるの!?入っているものは!?

ギフトとしての”見栄え”や”印象”

ここが最も大きな違いと感じるところ!

ドンペリの正規の箱があると、”重厚感”、”ゴージャス感”、”正式感”、”品のある”、”クラシカル”といった印象を与えてくれます。実際にドンペリの箱を見ると分かるけれど、黒一色でしっかり閉じられていて蓋を開けるだけでも重厚な感覚があります。→これももしかしたら演出かな!?

他の高級シャンパンの箱も高級感漂う感じだけれど、今のところ”ドンペリ”の箱が開ける過程を含めて、一番重厚感があってシックな印象です!

一方で、ドンペリの正規箱がなければ、若干カジュアルにも贈れるはず。これはラッピング次第。ドンペリの正規箱じゃなく、購入したショップのオリジナルの箱に入れることである程度の正式感も出すことが可能です。

スポンサーリンク

説明書の有無

ドンペリの冊子

これは物理的な違いで分かりやすい!

ドンペリの正規の箱の中には、上記の画像のように”説明書”が入っています!(→文章はぼかしを入れています)どんな説明書かというと、該当のドンペリの”特徴や香味”などの説明が簡単に記載されています。

当然ながら、”箱なし”の場合はそういった説明書はありません。

ラッピングの必要性

ドンペリギフト

これは個人の感覚にもよりますが、これまで”箱付き”と”箱なし”両方のドンペリニヨンを購入してきて感じるのは、正規箱付きのドンペリの場合、ラッピングは特になくてもギフトとしてOK!上記は、正規箱にリボンだけ(無料対応)をお願いしたもの、これで十分素敵でした♡

なので、”箱付き”の場合は、さほどラッピングに力を入れなくても大丈夫。

一方で、”箱なし”の場合は、ラッピング次第で贈り物の印象がガラリと変わりので、”ラッピング”は大事。経験上、このラッピングでケチると後悔する可能性ありです!でも、”箱なし”だとラッピングのバリエーションが豊富なので、ある意味、自由に印象を変えられると捉えることも可能です!

>>ギフト対応の”ドンペリ”どう見える!?”ドンペリ”購入レポ!

価格

ドンペリ

これも分かりやすい違いですね!ネットショップなどですでに”ドンペリ”を探されている場合はお気づきだと思いますが、”箱付き”の方が、”箱なし”よりも価格が若干高い傾向にあります!

”ドンペリ”を探す!

スポンサーリンク

”ドンペリ”のギフトや贈り物、『箱付き』、『箱なし』どっちがオススメ!?

はてな

簡単に言ってしまうと、『失敗したくないギフト』の場合は”箱付き”のドンペリをオススメしていますちなみに、『失敗したくないギフト』とは下記のようなシーンでの贈り物!

  • 目上の方(上司、先輩など)やお世話になった方へのギフト
  • ”正式感”やクラシカルな印象を出したい特別なシーンでの贈り物

逆に身内への贈り物や、カジュアルなシーン、多少のおイタをしても許されるような間柄での贈り物であれば、『箱なし』でも十分素敵なギフトになるはず!

以上が、『”ドンペリ”こと”ドンペリニヨン”、『箱付き』と『箱なし』どう違うの!?』でした!

それでは、また!

>>”ドンペリの”正規箱”の正体に迫る!箱の中はどうなってるの!?入っているものは!?

”ドンペリ”を探す!

スポンサーリンク

 

Twitterでフォローしよう

Reccomend