花

もうね、見つけちゃいました!コンセプトもデザインも素敵な限定デザインのスパークリングワイン、”CHANDON ROSE(シャンドン ロゼ) BY TOMOYUKI YONEZU 2019”

しかもね、デザインの先に東京オリンピックへの想いがあるんですよね。なんだか”感動”さえ覚えちゃうスパークリングワイン、まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

デザインの先には東京オリンピック!ドンペリの生産者が豪国で展開する、”CHANDON(シャンドン)”の日本限定スパークリングワイン!

”シャンドン ロゼ BY TOMOYUKI YONEZU 2019”の特徴!

”シャンドン ロゼ BY TOMOYUKI YONEZU2019”の特徴!
  • オーストラリアの辛口・ロゼスパークリングワイン!
  • 生産者は、ドンペリの生産者”モエ・エ・シャンドン社”が豪国で展開する”シャンドン オーストラリア”!
  • 日本限定デザインの美ボトル!
  • デザインコンセプトは『百花繚乱(ひゃっかりょうらん)』!その先には、東京オリンピックへの想いに繋がっている
  • デザインしたのは、アートデザイナーの米津智之さん!
  • 【価格】2500円程度~*価格へ変動の可能性があります。

このスパークリングワイン、デザインが素敵なのは言うまでもないのですが、コンセプトの『百花繚乱(ひゃっかりょうらん)』というのが魅力的。そして、そのコンセプトは実は、2020年の東京オリンピックへの想いが潜んでいます。

2019年のコンセプトは「百花繚乱」
百花繚乱とは -様々な種類の花が色とりどりに咲き乱れる様子
転じて、多数の優秀な人々、独創的な人々が一堂に会する状況2020年東京オリンピックへ向けて、100種類の伝統的な日本の花と現代的な日本の花が咲き乱れます。

上記は、”シャンドン”の公式ホームページから引用したもの。花を人に見立てて、優秀な人、独創的な人が集まるオリンピックを表現しているデザインなんですよね。それを知るとより魅力が深まる気がします♡

”シャンドン ロゼ BY TOMOYUKI YONEZU 2019”を探す!

スポンサーリンク

オススメのシーンや贈るタイミングは!?

ボトルデザインにピンク系のお花が多く華やかな印象が強いので、贈るシーンはやっぱり”春”や”女性へのギフト”が魅力的。具体的には、下記のシーンやタイミングがオススメです!

  • ホワイトデー
  • 母の日
  • 女性へのギフト
  • 春のギフト
  • お花見や春のパーティへの手土産

以上が、『CHANDON ROSE(シャンドン ロゼ) BY TOMOYUKI YONEZU 2019』についてでした!

それでは、また!

”シャンドン ロゼ BY TOMOYUKI YONEZU 2019”を探す!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事