おせち

おせちの中には、ワインに合うとというコンセプトで作られている”洋風おせち”が多々販売されています!

今回は(2019年のお正月)、その中でも気になった、『"ふらんす屋さん"の"洋風おせち"を自宅用に注文し、実際に食してみたので、購入レポや感想』をクチコミとしてまとめておこうと思います!

スポンサーリンク

ワインに合う”洋風おせち”、購入レポ&感想!

総括!実際どうたった、洋風おせちの感想!

上記が実際に届いたおせちを盛り付けた写真!今回注文した洋風おせちの特徴は下記の通り!

洋風おせちの特徴!
  • 注文したのは、ふらんす屋さんの『洋風おせち”バイヨンヌ”』!
  • 18品のオードブルとフランスパンが付いたおせち!
  • 重箱なし(自宅の重箱を使う)、盛り付け用の”個別容器”を追加購入!
  • 盛り付けは、届いてから自分で行う!
  • 価格は、早期注文割引で定価9780円のところ、10%オフの8802円で購入!

ズバリ、結論から言っちうと・・・。

すっごく美味しかったし、大満足でしたーーーっ!

あくまで一個人の意見ですが、本当に美味しかった!コストパフォーマンスにも我が家は満足!たまたまドンペリロゼやスパークリングワインと共に食したのですが、雰囲気も含めてやっぱり合う!すごく豪華なおつまみという感じで、贅沢な一時を過ごしました♡→普段は簡単なおつまみばかりなので!笑

高級シャンパンなどの熟成期間が長いワインになると、簡単なおつまみが逆に合わなかったり物足りなかったりすることがあるので、手の込んだお料理が目の前に広がっていておつまみとしても助かるし、見た目も綺麗でわくわくしっぱなしでした!

もちろん、その時のワインによって、おせちの種類の中で合うもの合わないものってあるけれど、それも含めて楽しんだ感じですね!

スポンサーリンク

手間はどう!?

ドンペリロゼとおせち

ふらんす屋さんの”洋風おせち”は、盛り付けされずに届くので、年末に届いてから自分で盛り付けをしたり、一部温めてから盛り付ける必要があります!重箱付きで販売もしているけれど、我が家は家に重箱があるので”重箱なし”のタイプで盛り付け用の個別容器のみを追加購入してみました!

「手間がかかって大変かな~」と思っていたし、口コミで大変という意見もあったので若干心配していたけれど、実際、重箱に詰める作業はあっと言う間に終わって、個人的には想像より全然楽でした!

温めるものが1品だったことも大きいのかな!?盛り付けや準備の仕方は同封された資料に分かりやすく記載があって、手こずることもなく、「大変だった」っていう記憶は一切残りませんでした!→それよりも、美味しく楽しめたという記憶の方が強い!

ただ、おせちの上に”緑”の彩りが欲しかったので、自宅で栽培しているローズマリーを切って、プラスアルファで飾りました!なので、場合によっては彩りの面で、”緑”のお野菜やハーブなどが必要と感じるかも!

いずれにせよ、大満足です♡

スポンサーリンク

購入レポ!どんな風に届くの!?

はてな

今回はのおせちは、ふらんす屋さんの『洋風おせち”バイヨンヌ”』と盛り付け用の個別容器を購入!

まずは、どう届いたいのかですが、下記の通り”おせち”と”個別容器”の2箱で到着しました!下の箱がオードブルが入った箱で冷凍で到着。上の箱が、盛り付け用の個別容器が入った箱です!梱包はとても丁寧でした。

おせちの梱包箱

まずは、おせち用のオードブルが入った箱を開けると下記の通り!緩衝材が一番上に敷かれていて、案内資料が見えます!

おせちの箱の中

緩衝材を取ると下記の通り!案内や説明の資料が一番上に置かれていました。汚れたり濡れたりしないないようにビニール袋に入れられています。

おせちの箱の中

資料を取ると、下記の通り!オードブルがたくさん入っているのが分かります。全部冷凍で種類別に個別包装されていて、盛り付けの説明がそれぞれに記載されていました!例えば、常温にしばらくおいて・・とか、温めて・・など!とても分かりやすかったです。

おせちのオードブル

次に、個別容器が入っていた箱を空けると、下記の通り!こちらも案内文が最初に入っていていました!2箱で”冷凍”と”常温”と異なって届くことへの案内文でした。

おせち用個別容器の箱の中

案内文を取ると、下記の通り!個別容器が入っているのが分かります!こじんまりとした感じですね!

おせち個別容器の箱の中

これらを、我が家の重箱に入れて、飾ると下記の通りとなりました!あー、美味しかった♡

 

以上が、『ワインに合う!ふらんす屋さんの”洋風おせち”、購入レポ&クチコミ!』でした。

少しでも参考になれば幸いです♡

それでは、また!

【利用ショップ】ふらんす屋さん

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend