ドンペリロゼ

今回のギフト購入レポートは、ついに、”ピンドン”と呼ばれる、『ドンペリニヨン ロゼ(ドンペリ ロゼ)』が登場!わくわくが止まりません!笑

”ドンペリ ロゼ”をデイリーに飲む方ってほんの一部。(→セレブのみなさまのみ。笑) 大体は、贈り物やギフトとして購入される方が多い!そうなると、「どんな状態で届いたのか」、「箱付のドンペリロゼの中身はどうなっているのか」、贈り主は分からないんですよね。

そんな不安を軽減すべく、「ドンペリロゼ(ピンドン)をギフト対応で購入すると、どんな風に届くのか!?」、実際にレポートしていこうと思います!

今までドンペリを購入してきて思うのは、箱付の”ドンペリ”ってデザイン性があって、開けるところから面白いです!なかなか出てこないので、ワクワク感が増す感じ♡

それでは始めましょう!レッツラゴー!

>>ドンペリ種類(ドンペリ豆知識)

”ドンペリニヨン ロゼ(ピンドン)”、ギフト購入レポート!

”ドンペリ ロゼ”到着!ショップの梱包&ラッピングの状態!

今回も利用したショップは酒類の総合専門店 フェリシティーさん!ラッピングの種類も豊富、価格もリーズナブル、サイトも見やすく、問い合わせへの対応も丁寧とあって、なぜか行き着いてしまうショップです!

まずは、到着から!今回は3本同時購入したので、下記の通り大き目の箱で到着!フェリシティさん、テープの貼り方など細かいところを含めて梱包はとても丁寧なので、個人的に安心感があります。

梱包箱

上記の梱包箱、側面には素敵なショップロゴがありますね!ちなみに、反対の側面には、”PLEASURE WINE(喜びのワイン)"というメッセージの記載があります♡

箱を空けると、下記の通り!箱を開けたときからななかキレイなんですよね。シャンパンやスパークリングワインが動かないように部屋が仕切られて、緩衝材が置かれたり、巻かれていたりします。ちなみに、ドンペリロゼは左。

箱の中

ドンペリロゼを出してみると、下記の通り、ラッピングされた上に緩衝材が巻かれています!

ドンペリロゼ

緩衝材を取ると、下記の通りラッピングの状態が明らかに!今回は、”箱付”のドンペリを購入したので、包装紙&ギフトシール(税込50円)のラッピングをお願いしました!包装紙の色も選べたのですが、”ロゼ”ということで、華やかな赤(ワイン色)。ラッピングもとっても丁寧で、十分上品に見えます。

ドンペリロゼ

さて、次は、ラッピングを取って、”ドンペリ ロゼ”の登場です!

スポンサーリンク

”ドンペリ ロゼ”の箱&中身!

ラッピングを取ると、いよいよ・・、下記の通りドンペリロゼの箱がお目見え!やはり、ドンペリの公式な箱、重厚感があります。

ピンドン

せっかくなので、下記の通り箱の側面も!結構厚みがあって大きい箱なんですよね!

ドンペリロゼ

今度は、下記の通り箱の後ろを見てみましょう!箱の後ろを見ると、紐が上下についているのが分かります。この紐を引っ張ると、簡単に箱を開けることが出来ます。この紐がないと、しっかりはまっているので、スムーズに開けられません!

ドンペリロゼ

引っ張ると、下記のように蓋と本体を引き離せます。

ドンペリロゼ

そして、蓋を取ると、下記の通り、ドンペリロゼのが登場!!と思いきやまだまだ出てきません! 開けると、”ドンペリ ロゼ 2005”の説明書が出てきます!(→蓋の方に入っている場合もあるので、なければ蓋もチェック!)

ドンペリロゼ

この説明書、広げると下記の通り結構大きい!ぼやかしていますが、実際は色々な言語で説明が記載されています。ヴィンテージ(収穫年)によって記載内容は異なるはず。

ドンペリロゼ説明書

説明書を取ると今度は、下記の通りドンペリを覆う紙が登場!

ドンペリロゼ

上記のドンペリロゴのような真っ黒な盾の部分を上に広げて開けると、ついに!!ついに!!”ドンペリ ロゼ”、お目見えです!待ってましたーー!

ドンペリロゼ

上記の箱、箱の中の上下に突起物があって、ドンペリをはめ込めるような作りになっているので、ボトルがしっかり固定されて動きません!さすがです!

そして箱から出すと、下記の通り、”ドンペリ ロゼ(ピンドン)”の登場です!

ドンペリロゼ

 

以上が、『ドンペリ ロゼ(ピンドン)のギフト購入レポート!』でした。

やっぱり、箱付のドンペリって開けるところからわくわくするんですよね!箱なしのドンペリより、楽しみが倍になる気がします♡

ここぞというお祝いや、目上の方へのギフトには、箱付きのドンペリ、オススメです!

それでは、また!

【ショップ】酒類の総合専門店 フェリシティーさん
【購入商品】【送料無料】 ドンペリニヨンロゼ 2005 箱付 750ml 並行

”ドンペリ ロゼ”を探す!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

Reccomend