セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード

先日面白いことを聞きまして・・。様々なワインショップやワインバーに足を運んでいる知人A(以後、”Aさん”と呼びます)さんの話し。そんなAさん、これまでどこのショップやバーにも偏ることなく、都合の良いように様々なお店を点々としていたんです。そんなAさんが、最近、ずーっと同じワインバーに通うようになりました。

これってね、すっごく珍しいこと!Aさんは、群れることや、深くなることを好まないタイプなので、特定のところに通い続けることってこれまでなかったんです。

そうなると、私のセンサーが即座に反応するわけでして、

「一体何が起きた!?」

と、当然ながらあたふたし、Aさんに話を聞くと、すごーく面白い話に発展!→あ、個人的にです。笑 

Aさんが通うワインバー、提供しているのはワインだけじゃなくって、心を埋めてくれる時間と空間を提供していることが分かりました。今回は、そんな話を書いてみようと思います!

スポンサーリンク

「おかえり」と迎え、「おやすみ」と送り出すワインバーの存在!

ワインバーをリピートし始めた理由!

空に?の文字

Aさんが突如、特定のワインバーをリピートし始めたことに驚き、理由を聞くと、返ってきた答えは下記の通り。

「今までのお店の中で1番好きなんだよね。見つけたって感じ。」

これじゃ分からない!笑 Aさんは、口数が少なく、何を考えているのかが分からないようなタイプ。それ故に、近寄りがたいと思う人も多い。なので、理由を探るべく色々と質問して話しを続けている内に、Aさんがそのワインバーをリピートしてしまう2つの理由が見えてきました。それが下記の2つ。

すごくシンプルな理由なんですがちょっと整理すると・・

理由1:お店に置いてあるワインと、自分の好みが合うから!

カーヴ

これはすぐに納得!ワインバーって置いてあるワインはお店によってそれぞれ個性があります。自然派ワインに重点を置いていたり、国や産地にこだわっていたり、シャンパンバーのようにシャンパンのみを扱っているなど。

そんなお店のこだわりが、自分の好みとマッチしたからという理由。これはごくごく自然な理由。でもこれだけだと、他にも同じような個性があるワインバーっていっぱいあるので、決定的な理由にはなりません。

理由2:居心地が良いから

ハート

これもね、言葉だけで言えば、「なるほど!」ってすぐに納得できる理由なんです。でもね、Aさんの場合は、不思議でしょうがなかったんですよね。だって、群れるのを好まず、深くならないようにリスク管理に長けているような人が、”居心地の良い”って感じるお店って、どんなお店なの!?って。

個人経営のワインバーって大体がこじんまりとしたスペースで、オーナーさんや常連さん、人との距離感がとにかく近い。逆に距離を取るのが難しいくらい!それなのに、居心地良いの!?って驚いたので、さらに話しを聞いてみたんです。そうしたら、話しの節々にAさんの言う”心地良さ”が分かってきました。

スポンサーリンク

居心地が良いってどういうこと!?

ハート

Aさんが話している時にふと嬉しそうだったのが、

お店のドアを開けると、オーナーさんが「おかえりー!」って言って、お店を出るときに、「おやすみー!」って言うんだよ。

って教えてくれた時だったんです。今まで足を運んでいたお店では、こんな声掛けはなかったみたいで、嬉しいとは言わないけれど、表情を見ていると、温かい気持ちになっているのが分かりました。

それとね、

オーナーさんと常連さんの関係性がとても良くってお店全体の雰囲気が良いんだよ。初めてのお客さんには、オーナーと常連さんが、お客さんの様子に目を配りながら、心地よくなるように協力して接する雰囲気があるし、人に合わせてガツガツ行かなかったり、かといって放置したりもなく、自然にケアしている様子が見られるんだよね・・

ってまるで我が家を紹介するかのような感じで話してくれました!

これらが、Aさんにとっての”居心地の良さ”だったんです。その”居心地の良さ”って簡単に言えば、自分がありのままに居られれて、心の隙間を充電できるような人の温かを感じるっていうことだったんです。そんな空間が、そのワインバーにはあるっていうこと。

こんな居心地の良さがあれば、そりゃ、気軽にリピートしちゃうし、リピートせずにはいられないな・・と正直に感じている自分が居ました。

スポンサーリンク

ワインバーが提供しているもの!

スパークリングワイン

つまり、ワインバーが提供しているのは、”ワイン”だけじゃない!

  • 癒し
  • 居場所
  • 共存感覚

Aさんの場合を考えると、ワインバーは、上記のものを提供してくれているんですよね。人にとって、どこか奥底にあるような欲求を満たしてくれる大事なもの。

これをふと考えた時に、一匹狼であることを好み、いつも堂々としてAさんも、どこかで人の愛や温もり、認めてもらうことへの欲求が潜在意識にある気がして、なんだか親近感が湧き、ポッと温かい気持ちが芽生えました!

ワインだけではなく、上記のようなことが得られる空間と時間を提供しているワインバーって、強いですね!「癒し、安心感」そんな感情が結びつけば、リピートせずにはいられないし、お店とお客さんが良い関係を築けて、お店、お客さん両者にとって、さきほどの一元さんを両者でケアするなどメリットが多くなります。

そう考えると、「ワインバーが社会に貢献するものって・・・すごく大きくない!?」そんな気がしてきました。

スポンサーリンク

ワインバーの社会貢献!

気球を飛ばす場面

上記までを振り返ると、Aさんの通うワインバーって、ワインに加えて、カウンセリング業とか、癒し系の事業が提供しているものと同じものを提供しているようなもの

そう考えると、ワインバーは単なる飲食業(外食業)だけじゃなくって、ちょっと大げさかもしれないけれど、人(人の心)を救える存在にだってなりえます。そうなれば、ワインバーの社会貢献度って、想像を遥かに超えて大きいのだと改めて知りました。

ただ!ワインバーといっても、たっくさんありますし、Aさんのように居心地の良いところに出会えるのはご縁次第。昨今は色々人や事件もありますので→突然どうした!笑 居心地の良いところばかりではないことはお伝えしておきます!

 

以上が、”『おかえり』と迎えてくれる、ワインバー!ワインだけじゃない、心の隙間を埋めてくれるワインバーの存在とは!?”、でした!

ちなみに、私自身、未だにリピートせずには居られないようなワインバーには出会っていません!自分のありのままで居られて、心の隙間を充電してくれるような空間を提供してくれるワインバーに出会うことがあれば、きっとリピートせずにはいられない、そう感じています。→いつかなー♡

それでは、また!長文へのお付き合いありがとうございました♡

スポンサーリンク
関連キーワード

Twitterでフォローしよう

オススメ記事