モエ・エ・シャンドン

最近ふと浮かんで自分に問いかけた疑問がこれでした。

いわゆるスタンダードタイプのシャンパンと高級シャンパンの線引きってどこでする!?違いってなんだろう!?

ってこと。そりゃ、『簡単に分かるがな!』と言われそうですが、それは玄人さんにとってみればきっと容易く分かるのかなと思うのですが、素人にとってみるとぜんっぜん簡単に分からない!

でも、簡単に線引きしたいわけです!そうじゃないとネットショップや店頭で見分けが付かない!

ということで、勝手に掘り下げて考えて、”一般的なスタンダードシャンパンと、高級シャンパンの線引き、違い”が簡単に分かるコツ、考えました。笑

スポンサーリンク

スタンダードシャンパンと高級シャンパンの線引きどこでする!?何が違うわけ!?

空に?の文字

”線引き”の仕方、”違い”ですぐに浮かぶのが、『ランク』!そうそう、『ランクで分けちゃえばいいじゃないか!』そんな囁きが聞こえるのですが・・線引きとなるとそうもいかないんです!笑

『ランク』は、”違い”や”線引き”の目安になるけれど、”線引き”や”違い”にはならない!

ちなみに、シャンパンのランクとして下記3つを挙げることが出来ます。それぞれに、最低熟成期間の決まりがあります。詳しくは、シャンパンの種類(ドンペリ豆知識)でどうぞ。

シャンパンのランク
  • ノン・ヴィンテージ
  • ヴィンテージ
  • プレスティージュ(最高級)

 

上記のランクから言えば、”ノン・ヴィンテージ”シャンパンが最も一般的なシャンパンという捉え方が出来るはず。確かに大体の”ノン・ヴィンテージ”シャンパンが素人さんでも手に取りやすいスタンダード(一般的な)シャンパンになりますが、中には曲者なるシャンパン様が存在します。

それが、”ノン・ヴィンテージ”なんだけれど、”プレスティージュ”シャンパンというタイプのシャンパン様!具体的に例えると、下記の”クリュッグ”が該当します。

他にも、”ノン・ヴィンテージ”シャンパンでありながらも、シャンパンという大枠で捉えると、決して一般的な(スタンダードな)シャンパンとは言えないものも多々あります。

例えば、下記のシャンパン。下記のシャンパンは、小規模生産者で有名なジャックセロスの”ノン・ヴィンテージ”シャンパンなのですが、お値段は現時点で、1本2万円以上。チーーーン。

1本2万円以上するシャンパン、”高級シャンパン”と呼ばずに何と呼びましょうか!笑

なので、『ランク』は高級シャンパンとスタンダードなシャンパンの違いを把握する目安にはなるけれど、線引きとしては活用できないんですよね。『ランク』から線引きをしてしまうと、齟齬(そご)が出る!

そもそも、”ノン・ヴィンテージ”という意味合い自体がそう。”ノン・ヴィンテージ”という言葉は、スタンダードシャンパンという意味では決してなくて、あくまで、”使われているブドウの収穫年を限定していないシャンパン”という意味。

もともとシャンパンが造られている、フランスのシャンパーニュ地方は、フランスの北に位置していて、季候上、ブドウ栽培において良い環境とは言えないんですよね。そのため、安定した品質のシャンパンを安定的に造るために、様々な収穫年のブドウ、品種、畑などで造られたワインをブレンドするのが一般的とされています。

なので、生産者からしたら”ノン・ヴィンテージ”はスタンダードなシャンパンという概念だとしても、決してそれが”高級シャンパンかどうか”という判断の条件にはならないはず。

なので、”ランク”は、高級シャンパンかどうかの線引きや違いにはなりません。

スポンサーリンク

じゃぁ、どう線引きするわけ!?違いを見出すわけ!?

ルイロデレールクリスタル

ということで、結論を出しますと・・→え?もう結論?

『価格』で線引きしちゃえーーーー!

ということになりました!笑

だって、これが一番手っ取り早く、すぐ分かるんですもの!もうランクとかややこしいことは置いておいて、価格ならすぐその場で判断できます!

生産者やブランドによって、”ノン・ヴィンテージ”の価格は全然違うし、”ノン・ヴィンテージ”でも”プレスティージュ(最高級品)”というのもあるしで、ややこしい!

だから、1本1万円以上は高級シャンパン!

『価格』が、スタンダードシャンパンと高級シャンパンの違い。そして、『1万円』が、我が家の高級シャンパンの線引きとなりました。(え?価格が低すぎる?だって一般家庭ですから!笑)

以上、『”一般的なシャンパン”と”高級シャンパン”の”違い”ってなんぞや!?』でした!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事