【価格】2千円台~*価格は変動します。

ようやく見つけました!以前、百貨店のワインショップで出会い、このワインの趣旨に感動して購入。とても美味しく記憶に残っていたので、もう一度購入しようと同ショップに行くも在庫なし。その後、ワインショップでは見なくなり、ずっとこの時を待ちわび、ようやく見つけました。それが、『LEO』というスパークリングワイン。FCバルセロナのあの有名な”リオネル・メッシ選手”に繋がる”スパークリングワイン”です。

今回はそんな、『LEO』ワインについて簡単にまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

「LEO」ワインとは!?

サッカーゴール

「LEO」は、サッカー選手として世界中で有名な”リオネル・メッシ”選手が設立した、”リオ・メッシ財団”が小規模ワイナリーとコラボして造ったワイン。ボトルには「LEO」という文字と共に、サッカーボールやユニフォームのようなラベルデザインで、ワインボトル全体を通してシックなデザインです。

”リオ・メッシ財団”とは!?

空に?の文字

「LEO」ワインは、”リオ・メッシ財団”とコラボして造られたもの。その、”リオ・メッシ財団”とは、メッシ選手とご家族が2007年に設立した財団で、貧しい子どもたちや難病患う人など、弱い立場にある人々を支援し、平等という機会を与えるというコンセプトで活動している団体です。

そんな、”リオ・メッシ財団”とコラボして造られた「LEO」ワイン、収益金は財団を通して、支援にあてられます。

スパークリングワインだけじゃない!?「LEO」ワインの種類!

【価格】2千円台~*価格は変動します。

「LEO」ワインの種類は4種類。まず1つ目は、上記の商品画像が「レオ・ブリュット」という白・辛口スパークリングワイン。シャンパンと同じ瓶内二次発酵を採用して造られているもの。

実際飲んだことがあるのですが、発泡性ワインなので飲みやす、この価格で大満足の美味しさでした。メッシ選手の印象も強いことから話題性もあり、記憶に残ったスパークリングワインの1つです。

また、「LEO」ワインの中で最も好みに左右されないのがこの「レオ・ブリュット」。自宅用としても、プレゼントやギフトとしても、オススメNo.1です。>>”レオ ブリュット”を見てみる(楽天市場)

他の3種類は、次の通り。赤ワイン2種と白ワイン1種。ボールのようなラベルデザインと、ユニフォームのようなラベルデザインが印象的です。

【価格】左:1千円台後半~、中:2千円台~、右:1千円台後半~*価格は変動します。

具体的にいうと、上記商品画像左は、トロンテスというブドウ品種を使って造られた白ワイン。真ん中と右は、マルベックというブドウ品種を使った赤ワインなのですが、真ん中は”プレミアム2017”とヴィンテージがついており、若干お値段が高めです。

真ん中のヴィンテージがついている赤ワインは、別のヴィンテージで実際に飲んだことがありますが、ずっしりと重めの赤ワインという印象が残っています。ヴィンテージよって味わいも変わりますが、赤ワインは最も人の嗜好を左右するので、ギフトとして贈るならばワイン好きさんへがオススメ。ワイン初心者さんへは、先ほど紹介したスパークリングワイン「レオ・ブリュット」がオススメです。>>”レオ ワイン”を見てみる(楽天市場)

以上が、メッシ選手と繋がりのあるワイン「LEO」についてでした。それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事