リゾナーレ八ヶ岳ワインハウス

シャンパンと投資、両者には実は共通点があります。

厳密に言えば、シャンパンに限らず、ワイン全体において言えることですが、今回は、分かりやすいようにシャンパンに限定して、『シャンパンと投資の共通点』についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

投資家が、シャンパン(ワイン)にはまりやすい理由とは!?

バロンドロスチャイルド シャンパン

投資家は、シャンパン(ワイン)にハマりやすい。。。なぜなら、

 

『投資家は、宝探しが好きだから!』

 

なんです。

投資家が、宝探しが好きってどういうこと!?

宝地図

『投資』というと、『金儲け』という印象を受けがちで、その『金儲け』を目的に活動している投資家の方も勿論いらっしゃって、それに良し悪しはありません。

ただ、『投資』という本質的な意味では、『投資』=『金儲け』ではないはず。『株式投資』を例にすれば、『投資』は本来、会社の価値を見出し、『投資』という活動を通して、その会社の繁栄、成長を支えることに本質があると思います。

もちろん、投資した会社が成長し、利益を出せば、配当金などで株主に還元され、その株価が上昇した際に、売却してしまえば、値上がり益を得ることもありえますし、真逆に損をすることもあります。

そして、そんな本質を沿った『投資』において最も大事なことは、下記のようなこと。

  • 『価値のある企業を探すこと』
  • 『投資するに値する企業を探すこと』

株式を発行している膨大な企業の中から、価値ある企業を探すこと・・・。並大抵のことではなく、本当に難しい。そんな隠れた優良企業を探す基準や情報、株式投資の成功体験にまつわる本や媒体は溢れんばかりに存在しますが、正解はなく・・一般人からしたら相当困難。さらに私は、ちんぷんかんぷん。

でも隠れた優良企業、将来急成長するであろう企業を探す、これは、まさに『宝探し』なんですよね!

そして、投資家の方には、この宝探しに夢中になる方が多い。(あ!見つかるかは別として・・笑)

『投資』においての、宝探しは、損得感情が無意識に働いてしまうことも多く、ストレスと葛藤を抱えがちなんですが、それを踏まえた上でもそんな『宝探し』の工程を楽しむ投資家の方がいらっしゃいます。

そんな、宝探しが好きな投資家の方は、シャンパン(ワイン)にもハマりやすいんですよね。なぜなら、"シャンパンも、宝探しが出来るから"なんです。

シャンパンは、宝探しが出来る!?

シャンパングラス

 

そうなんです!

シャンパン含めた、ワインは、宝探しが容易にできます!

まずシャンパンは、味に正解不正解はなく、人がマズイと感じたシャンパン(ワイン)でも、ある人からはおいしい、そんなことが普通に起きてしまいます(ワイン全般)。

それは、『投資』の世界でも同じで、ある人が『この会社は価値以上に評価がされている(株価が高すぎる)』と判断し株を購入しない一方で、『この会社は今後も成長するはず!その割には、株価が安い!』と将来を見込み株を購入する方も居る。

宝探しが好きな方にとっては、そんな錯綜した情報の中から、誰も知らない、隠れた宝を探すことこそ、最大の醍醐味・・簡単に見つかる宝では意味がなく満足しないんですよね。

そんな『宝を探す』という活動が、『シャンパンを含めたワインの世界』では出来てしまうということ。なぜなら、ワインは種類も多く、『投資』と同じように自分流の宝探しが出来るから。シャンパンという限定的な範囲であっても、生産者は大手メゾンから、小規模生産者まで居て、幅広いから・・なんです。

>>メゾンって何?

シャンパンで、宝探しをする方法とは!?

ずばり、

"RM(レコルタン・マニピュラン)"という生産者タイプからシャンパンを探す!

という方法。

"RM(レコルタン・マニピュラン)"という生産者とは?

シャンパンにおいては、大手メゾンというものが存在します。いわゆる、有名で知名度の高いシャンパンブランド、ドンペリ(ドンペリニョン)、クリュッグ、ルイロデレール、サロン、ヴーヴクリコ、ペリエジュエ・・・などの生産者です。

そんな有名シャンパンの生産者のほとんどが生産者のタイプで言えば、"NM (ネゴシアン・マニピュラン)"という、「ブドウの栽培農家からブドウを購入してシャンパンを製造するタイプの生産者」に当てはまります。

>>生産者のタイプ一覧

ちなみに、シャンパンボトルにあるラベル(エチケット)から、そのシャンパンの生産者のタイプが分かるようになっていて、例えば、ドンペリの場合は下記写真ラベルの”8番”に”NM”という表記があります。

ドンペリのラベル

 

"クリュッグ" というシャンパンの場合も同じく、下記ラベル写真の赤丸で囲んだ部分に、"NM"という表記があります。

krug2

 

>>ラベル(エチケット)から分かる、シャンパンの情報!

 

でも大手の"NM(ネゴシアン・マニピュラン)"というタイプの生産者(メゾン)から出されるシャンパンは、宝を探すという意味では、なんだか物足りない。なぜなら、「すでに誰かによって見出されている宝だから!」なんです。笑

有名で、知名度も高く、「おいしい」と評判のシャンパンは、シャンパンやワインの本を開けば、必ず出てきます。隠れるどころか、明るみに出てしまっているということ。

『株式投資』で言えば、大手の有名企業の株と一緒。誰もが知る企業の株ということ。

宝探しが好きな投資家にとっては、なんだか物足りない。宝探しはなかなか見つからないからこそ、メラメラと心が燃えるんです!笑

一方で、『投資家が好むであろう』"RM(レコルタン・マニピュラン)"とは、ぶどう栽培農家で自身の畑で採れたブドウを使いシャンパンを造る小規模生産者をさします。

>>生産者のタイプ一覧

シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方でのみ造られる発泡性ワイン。シャンパーニュ地方は決して気候に恵まれておらず、安定的なブドウ栽培は難しい地域。だからこそ、品質安定の目的もあり、製造方法に様々な年、場所で良いブドウから作られたワインとブレンドするのだそう。

>>もう難しくない!シャンパン製造手順まとめ!

とすれば本来、"NM(ネゴシアン・マニピュラン)"の生産者タイプの方が、シャンパンの品質は安定しやすいんですよね。有名なシャンパンをつくりだすメゾンは、資金力にも長けていて、毎年ブランドイメージを表現できる安定的な品質維持と発展に力を注ぐことができます。

一方、"RM(レコルタン・マニピュラン)"、小規模生産者の場合は、資金力は大手には敵わないのは分かること。それでも、"RM(レコルタン・マニピュラン)"で居ることにこだわりや価値を見出す生産者が居ます。もちろん、品質にたっぷりこだわるという余裕がない生産者も中には居るかもしれません。

小規模生産者だからこそ、大手のように生産、出荷できる量は限られがち。また、品質も生産者によって様々、輸入や生産量の関係上、入手困難なものも!そんな中に、安定した品質のシャンパンを造りだし、心動くシャンパンがあったら。。

『まさに、お宝発掘!』

宝探し好きにはたまらない、シャンパンになるでしょう。

実際、"RM(レコルタン・マニピュラン)"生産者で、そんなシャンパンが存在します。ちなみに、我が家で気になるのが下記のシャンパンを造る生産者。

>>ジャック・セロス イニシャル ブリュット(ブラン・ド・ブラン) 750ml (楽天市場)

"RM(レコルタン・マニピュラン)"生産者の中では、有名な、"ジャック・セロス"。シャンパン造りに、明確なビジョンを持つと言われていて、カリスマ的な生産者だそうです。

>>ジャック・セロスのシャンパン一覧(楽天市場)

>>ジャック・セロスのシャンパン一覧(amazon)

ちなみに、日本にはやはり"RM(レコルタン・マニピュラン)"生産者にこだわって、シャンパンを楽しむ方が多いことがが調べて分かりました。

輸入される、"NM(ブドウを買い付けてシャンパンを造る生産者)"のシャンパンメゾンの軒数は各国で横ばいなのに対し、日本に輸入される"RM"は突出していて、輸入トップのイギリスを超えるのだそうです。

それだけ、皆、終わりのない、正解のない『宝探し』が好きだということなんですよね。


 

以上が、投資家とシャンパンの共通点、そしてなぜ投資家がシャンパンにハマりやすいのか?についてでした!

『おや!?私もどちらかというと、宝探しが好きかも!?』

そんな方は、実は、投資やシャンパン(ワイン)にハマるのでは!!

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事