クリュッグ

有名どころの”シャンパンブランド”を一般消費者さん目線で解説していくシリーズ!第一弾は、ファンション誌などでも取り上げられている、有名なシャンパンブランド『KRUG(クリュッグ)』について特徴やスタイル、種類や価格、歴史、実際に飲んでどうだったかなどをまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

クリュッグの特徴やスタイルとイメージ

KRUG箱つき2

クリュッグの特徴やスタイルをピックアップすると次の通り。

  • 家族で継承してきたブランド!
  • クリュッグシャンパンの全てが最高級ランクのプレスティージュシャンパン!
  • 生産過程の一次発酵において、樽での発酵にこだわっているメゾン。このこだわりは現在では、クリュッグのみ。
  • アッサンブラージュ(ワインをブレンドすること)に長けている。最大10つの異なるヴィンテージ(収穫年)のワイン、約120種類のワインがブレンドされている。クリュッグ公式HPより
  • 一般的な評価の高さや見せかけで対応を限定しない。本質を見抜いたならば、それが評価されてない人やものでも、一級品と同じ用に扱い、対応する。

クリュッグシャンパンのイメージは次の通り。気品高いのにフレンドリー、この矛盾が飲み手に親しまれる理由かもしれません。

  • 陽気
  • 誰でもウェルカム
  • 上品
  • 気品高い
  • 誠実
  • フレンドリー

クリュッグ、プレゼントやギフトとしてはどう!?

「クリュッグ」、プレゼントやギフトとして高級シャンパンの中では断トツ1位でオススメです。というのも、高級シャンパンの中には最高級品であるが故に気難しかったり、飲み手を選んだりするものも多く、気軽に楽しめないものもあるのですが、この「クリュッグ」は別格なのです。気品高いのに、誰でも楽しめるようなフレンドリーさがあり、美味しく陽気で楽しい一時を過ごすことができる高級シャンパン。何度も飲みたくなります。

また、「ドンペリ」ほどではないにせよ、ファッション誌などに紹介されていることも多く知名度も高いことから、個人的にはプレゼントやギフトとして選びたい高級シャンパン断トツ1位です。

ただ、価格はとても高価なので、一般的には下記”種類と価格”にある、スタンダードの”グランド・キュヴェ”で十分。”ヴィンテージ”から下の種類は、よほどのワイン好きさんか玄人さんでないと価値の理解が難しかもしれません。

スポンサーリンク

クリュッグの種類と価格

グランド・キュヴェ

【価格】2万円台~*価格は変動します。

この”グランド・キュヴェ”がクリュッグのスタンダードシャンパン。ただ、スタンダードと言っても、最高級ランクのシャンパンに該当します。

熟成期間は6年。毎年新たに造り出されるこのグランド・キュヴェ。1つとして同じものはないものの、クリュッグらしさはどのグランド・キュヴェにも感じられるはず。>>”グラン キュヴェ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ロゼ

【価格】4万円程度~*価格は変動します。

少なくとも5年もの熟成期間を経て出される、最高級ランクのロゼシャンパン>>”ロゼ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ヴィンテージ

【価格】3万円台~*価格は変動します。

”ヴィンテージ”とは、単一年に収穫されたブドウのみを使って造られるシャンパンのこと。その収穫年がラベルに記載され、その収穫年のブドウの個性が反映されます。>>”ヴィンテージ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

クロ・デュ・メニル

【価格】20万円程度~*価格は変動します。

希少なクリュッグシャンパンで、下記の条件にあったブドウで造られます。価格は、破格です。畑の区画名がそのまま名前になっていることから、その畑で収穫されたブドウの個性を生かしていることが分かります。

  • 畑の特定の区画(クロ・メニル)で収穫されるもの
  • 収穫念が単一年に限定
  • シャルドネという品種のブドウ

相当のワイン通さん、玄人さんであれば、この価値を理解して楽しめると思いますが、一般消費者さんだと価値をうまく理解出来ない可能性があります。>>"クロ・デュ・メニル"を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

クロ・ダンボネ

【価格】30万台~*価格は変動します。

こちらも希少なクリュッグシャンパン。価格も驚きです。これも下記の条件にあったブドウで造られます。畑の区画名がそのまま名前になっていることから、その畑で収穫されたブドウの個性を生かしていることが分かります。

  • 特定の区画(クロ・ダンボネ)で収穫されるもの
  • 収穫念が単一年に限定
  • ピノ・ノワールという品種の黒ブドウ

こちらも、相当なワイン好きさんや玄人さんでないと、価値が理解できない可能性があります。>>"クロ・ダンボネ"を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

クリュッグの歴史


創立は1943年、創立者は、ヨハン・ヨーゼフ・クリュッグ氏。もともとはドイツで生まれ育ち24歳でパリに移住してからシャンパン造りの道へと繋がりました。

 

クリュッグ、実際に飲んでどうだった!?

泡

「クリュッグ グランド キュヴェ」を飲んだのですが、一般消費者さんの期待に応える高級シャンパンだと感じました。というのも、高級シャンパンには、飲み手の期待が高すぎてしまい、現実に飲んだ感覚とズレが生じることから期待ハズれと認識されてしまう高級シャンパンも多いからです。>>高級シャンパン、なぜ、「美味しくない」「まずい」と感じるの!?

そんな中、この「クリュッグ」は別格。高級シャンパンらしさはあるのに、簡単に美味しさを感じさせてくれます。気品高いのにフレンドリーで陽気。フランクだけどプライドや芯の強さを感じるといった、相反するものが見事にバランスをとって共存している印象なのです。セレブなのに気取らないというと分かりやすいでしょうか。

とにかく、飲んだ時の「美味しい」、「楽しい」、「品のある」時間が忘れられず、ずっと記憶に残っています。これまでたくさんのシャンパンを飲んできましたが、そんな記憶に残るシャンパンは、ごくごく僅か。「クリュッグ」は私にとって、「もう一度飲みたい」という渇望と共に記憶に残る高級シャンパンです。

以上が、有名シャンパンブランド”クリュッグ”についてでした。それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事