【結婚記念日&シャンパン】”結婚記念日”に贈りたい&飲みたい、”シャンパン” 3本!

シャンパングラスと夕焼けの海

今回のテーマは、『結婚記念日』

結婚記念日に、夫婦で飲みたい、そして結婚記念日のお祝いとして贈りたい、”シャンパン”3本を選んでみました!

実は、結婚記念日のお祝いでリアルに探している時に、飲みたい&贈りたいと思えたシャンパン達!

それでは行きましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大の広告

『結婚記念日』に飲みたい、贈りたい、オススメの”シャンパン”、3本!

プレゼント画像

オススメ3本、全てのボトルデザインが素敵。飲み終えた後も、インテリアとして飾ることの出来るシャンパンボトル!

そして、各シャンパンの特徴を下記の通り、目次にしてみました。

”ペリエ・ジュエ ベル・エポック”

一目見たら忘れられなくなるほど、魅力的なボトルデザインの、”ペリエ・ジュエ ベル・エポック”!シャンパンランクで言えば、最高級ランクに該当する高級シャンパン。

また、シャンパン名でもある、ベル・エポックとは、フランス語で、『良き時代』、『美しき時代』というような意味。

これまでの夫婦の良き日々を振り返り、次の時代へと歩みを進む上で、節目となる記念日のお祝いに、相応しいシャンパン!

ちなみに、下記の通り、ロゼもあって、とても素敵。

ただ、ロゼの場合、このボトルの色はロゼシャンパンの色。ボトル自体は透明なので、全て飲み終えるとボトル全体の淡いピンク色は見られず透明ボトルが残ります。飲み終えた後に飾ることを想定している場合は、ロゼではなく、上にあるスタンダードの白(上にある緑色のボトルのもの)がオススメ!

>>”ペリエ ジュエ ベル エポック”を探す(楽天)、(amazon)

”ラ・ローズ・デュ・メニル ブラン・ド・ブラン”

もともとは、このボトルデザインに惹かれて知った、白ブドウのみを使って造られたシャンパン!

ボトルデザインには、薔薇(バラ)とシャンパングラス、控えめだけれど、品のある印象で、夫婦水入らずで結婚記念日を祝うイメージにぴったり。

さらに、生産者は有名シャンパンブランドで地区栽培帳を務めていた方が独立した後、家族で継承しているという小規模生産者。

その生産者の、『美味しいのはもちろんですが、飲んでくれた方が健康で、幸せな気持ちになれるようなシャンパンを造りたいと思っています*』という言葉に、さらにグッと来てしまいます!

(*引用:商品詳細ページミッシェル・ロクール ラ・ローズ・デュ・メニル ブラン・ド・ブラン ブリュット・ミレジム[2007]750ml―楽天)

結婚記念日にこのシャンパンを飲み、夫婦で健康でいられることに感謝し、幸せを感じられる時であってほしい。そんな思いを届けられるシャンパンです。

>>”ラ・ローズ・デュ・メニル ブラン・ド・ブラン”を探す(楽天)、(amazon)

”ピエール・ペテルス レ・シェティヨン・ブリュット・ブラン・ド・ブラン”

このシャンパン、生産者いわく、『家族への想い』なのだそう。このシャンパンも白ブドウのみを使って造られたシャンパンで、家族代々引き継がれてきた、小規模生産者。

ブドウ栽培にはこだわりがあって、代々継承されてきた自分の畑の良い株を苗木にするようで、ブドウの木の樹齢は60年を超えるものもあるのだとか・・。

『結婚』は、家族を形成するきっかけとなる人生の一大事。なので結婚記念日は、ある意味、家族の繋がりや絆を祝う日という側面もあります。そんな記念日をお祝いする際に伴にしたいと思えるシャンパン!

このシャンパンを飲みながら、これまでの家族、これからの家族への想いを馳せたいですね!

>>”ピエール・ペテルス レ・シェティヨン・ブリュット・ブラン・ド・ブラン”を探す(楽天)、(amazon)


以上が、「結婚記念日に贈りたい&飲みたい、シャンパン3本!」でした。

結婚記念日は、夫婦、家族の絆や繋がりを振り返り、祝う日。大事な節目は、特別なシャンパンが飲みたくなります。

それでは、また!