シャンパングラスと海

今回のテーマは、「結婚記念日」と「シャンパン」、「スパークリングワイン」。結婚記念日は、夫婦にとって日々の日常と違った特別感を演出したい日ですよね。シャンパンを含むスパークリングワインは、発泡性ワインということで「お祝い」、「特別」といったイメージが定着しているため、結婚記念日の演出にはぴったり。プレゼントやギフトとして、また夕食を特別に演出するアイテムとして活躍してくれます。

ということで今回は、結婚記念日に準備したい、また大切な方の結婚記念日のお祝いギフトとしてオススメのシャンパン、スパークリングワイン5本を選んでみました。価格帯としては、シャンパンのほうが高価。スパークリングワインはリーズナブルな価格で揃えやすいものを紹介しています。下記に各シャンパン、スパークリングワインの特徴を一言で表現して並べていますので、気になるものから参考にしてみてください。

ペリエ・ジュエ ベル・エポック

【価格】1万円台後半~*価格は変動します。

美しいボトルデザインがすでに特別感を演出してくれる高級シャンパン(白・辛口)。シャンパン名である「ベル・エポック」とはフランス語で、『良き時代』、『美しき時代』というような意味であることから、これまでの夫婦として築いてきた良き絆や時間を振り返り、次の時代へと思いを馳せる結婚記念日のタイミングにマッチしたシャンパン。上記は白のシャンパンですが、下記のようにロゼもあります。

【価格】2万円台~*価格は変動します。

ただ、飲んだ後もボトルをインテリアとして飾りたいという意向がある場合はロゼよりも白の「ベル・エポック」がオススメ。というのも、ロゼの場合は透明瓶になっており、飲んでしまうと色鮮やかなオレンジかかったようなピンク色はなくなってしまうのでせっかくのデザインが生えないのです。ボトルを飾る意向がある場合は、白の「ベル・エポック」がオススメです。>>>>”ペリエ・ジュエ ベル・エポック”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ノスタルジー・ブリュット・ミレジム

【価格】1万円台~*価格は変動します。

シャンパン造りに情熱をかける、ぶどう栽培家の集団、”バーモン・デ・クレイエール”が造るヴィンテージシャンパン。このシャンパンの名前は、”郷愁(きょうしゅう):ノスタルジー”であることから、これまでの良き時代を懐かしむようなシーンのプレゼントやギフトにはサプライズ演出の効果があります。

結婚記念日は夫婦で連れ添ってきたこれまでの時を懐かしみながらも、絆の深さを再確認する時。このシャンパンを飲みながら、ふとあの頃を振り返る、そんな時間を演出できるシャンパンです。>>”ノスタルジー ブリュット”を探す(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

ピエール・ペテルス レ・シェティヨン・ブリュット・ブラン・ド・ブラン

【価格】1万円台~*価格は変動します。

生産者いわく、このシャンパンは『家族への想い』。白ブドウのみを使って造られたシャンパンで、家族代々引き継がれてきた、小規模生産者が造るシャンパン。

『結婚』は、家族を形成するきっかけとなる人生の大事な節目。なので結婚記念日は、ある意味、家族の繋がりや絆を祝う日。そんなタイミングにふさわしい、シャンパンです。>>”ピエール・ペテルス レ・シェティヨン・ブリュット・ブラン・ド・ブラン”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

フィオーレ・デル・アモーレ

【価格】1千円台~*価格は変動します。

ボトルを逆さにすると赤いバラの花束になるようにデザインされた情熱を感じるスパークリングワイン(白・辛口)。特に女性が喜ぶ傾向にあるため、旦那さまから奥様への結婚記念日のプレゼントやギフトにもオススメです。もちろん、夫婦水入らずで結婚記念日の夕食を楽しむ際のお供にも向いています。>>”フィオーレ・デル・アモーレ”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

フェリスタス

【価格】1千円台~*価格は変動します。

22カラットの金箔が入っているドイツの辛口スパークリングワイン。金箔が入っているということでお祝いムードが演出できる他、このスパークリングワイン名である「フェリスタス」はラテン語で「幸福」を意味することから、夫婦円満の幸せを実感できスパークリングワインです。>>”フェリスタス”を見てみる(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

 

以上が、「結婚記念日にオススメのシャンパン、スパークリングワイン5本!」でした。それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事