気づきのマーク

シャンパンやスパークリングワインを含むワインを飲み終えると必ず残るのが、空の『ボトル』ですよね。飲めば飲むほど、ボトルが増えます。

我が家の場合、ボトルデザインや形状がお気に入りのボトルは捨てられずにどんどんと集めてしまうタイプで、インテリアと称してたくさんのボトルを家の中に飾っていますが、装飾だけでなく実用的な使い方が出来ると一石二鳥。

ということで今回は、そんなワインボトルのリユーズ方法の1つ、お気に入りのシャンパンやスパークリングワインなどのワインボトルを利用して、『ミラー(鏡)』として使う方法を紹介しておこうと思います。

スポンサーリンク

空のワインボトルのリユーズ方法!お気に入りのボトルでオシャレな『ミラー(鏡)』に!

ボトルミラー

上記がそのワインボトルを使ったミラー(鏡)の実物。このミラーの名は「Sun Flower(ひまわり)」で日本製。ワインボトルにつけるとまさに”ひまわり”のようで、明るい雰囲気を演出してくれます。鏡の色は、ホワイトやイエロー、ブラックなど、色の種類がありま、価格も1千円程度ととてもリーズナブルです。

このリユーズ方の魅力は、リユーズに手間や時間がかからないこと。ミラー(鏡)の裏に柔らかいクリップがついているのでそれを瓶口に挿し込むだけなのです。

ミラーの使い道としては自分の姿を映し出す鏡本来の使い道は勿論のこと、下記商品画像のように他のボトルなどにも装着可能なのでオブジェとして使用したり、景色を映し出すように飾ったりすることも可能です。

【価格】1千円台~*価格は変動の可能性あり。

ただ、ボトルの口径には推奨があって、直径1.8cm。我が家のコレクションにある、シャンパンやスパークリングワインボトルの口径は丁度1.8cm程度でしたが、瓶口のタイプによってはうまく固定出来ない場合があるかもしれないので、使いたいボトルがある場合は瓶靴の口径を確認しましょう。>>”sunflower を見てみる”(楽天市場)、(Yahoo!ショッピング)

以上が、ワインボトルをミラー(鏡)として使う、ワインボトルのリユーズ方法についてでした。それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事