ドンペリ

 

高級シャンパン、”ドンペリニヨン”という名(ブランド)は、1人の修道士さんの名前、”ドン・ピエール・ぺリニヨン”から由来しています。

”ドン・ピエール・ぺリニヨン”さんは、フランスのシャンパーニュ地方にあるオーヴィレール修道院というところで、酒庫係を任命されてワイン造りをされていたそう。

そして、色々と疑問が残りつつも、この”ピエール・ペリニヨン(ドン ペリニヨン)”さんは、”シャンパンの父”と呼ばれたり、シャンパンの発明者と記載されていたり・・。一方で、シャンパンの発明者ではないけれど、”コルクを初めて利用したこと”や、”良質なワインを維持するために、様々なワインをブレンドした”ことなどのシャンパン造りに欠かせない技術を生み出したことが、シャンパンにおける彼の功績とも言われています。いずれにせよ、シャンパンの歴史に多大に貢献した人物。

そんなことを調べていると、1つの疑問が浮かんできます。

「なぜ、修道士さんがワインを造るのか!?」

今回は、そんな疑問について、”ワイン”と”宗教”も含めて、まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

なぜ、修道士さんが”ワイン”を造るのか!?”ドンペリ”から垣間見る、”ワイン”と”宗教”の関係性!

 

”ドンペリ”について調べた時はとても、不思議だったんですよね。

 

「なぜ修道士さんと”ドンペリ”が関係あるの!?」、

「修道士さんが酒庫係って、修道院にワインを造る仕事があるってこと!?」

 

実際、調べてみると、”酒庫係”とは、やはりワインを造る仕事!そして、修道院において”ワイン造り”がとても大事な仕事なのだと分かりました。

そして、今でこそは、シャンパンを含むワインは気軽に食卓に並ぶようになり、生産者が居て購入する消費者が居てといったどちらかといえば、ビジネスのような感覚がありますが、当時は”ワイン”と”宗教”は深い関係だったのだそうです。

よく海外の映画などで、教会や修道院で人が列に並び、小さいグラスのようなものにワインのようなものが入れられて順に飲んで行くような場面を見たことありませんか!?調べると、”ミサ”という場面なのだと分かってきます。ちなみに、”ミサ”とは調べると下記の通り!

 

”ミサ”とは・・ ローマ‐カトリック教会で、イエス=キリストの十字架上の犠牲を継承・再現する重要な祭儀。キリストの体と血であるパンとぶどう酒を、司祭の手をもって神に献(ささ)げ、信者もこれに参与し、キリストとともに神に自分を献げる。

(引用:コトバンク-”ミサ”)

 

上記の説明の中にある”葡萄酒”とは、”ワイン”。”ワイン”が信仰の上で、とても大事な役割を持っていることが分かります。

なので、”修道院”ではブドウ畑があって、修道院での大事な仕事の1つとして、ブドウを育て、ブドウから葡萄酒(ワイン)を造っていたんですよね。

なので、”ドンペリ”のように、ワインのブランド名(名前)の由来が、ワイン造りに貢献していた修道士さんの名前というのも、理解できます。

今では、気軽に飲んでいる、ワイン!でもそのルーツを辿ると、ワインがとても神聖なるものだったのだと”ドンペリ”を通して分かりました。

1つのふとした疑問から、思いがけない発見がありますね!

以上が、”ドンペリから見る、ワインと宗教の関係性!”でした。

それでは、また!

>>ドンペリとは!?(ドンペリ豆知識)

 

Twitterでフォローしよう

オススメ記事