ワイン蔵

シャンパンやスパークリングワイン、”立てて保存した方が良いのか”、”寝かせて保存した方が良いのか”、色々な情報があって迷うんですよね。

ということで、”立て置き保存、横置き保存、どうしているか”、まとめておこうと思います!

スポンサーリンク

すぐに飲むならどちらでも、都合の良い方でよし!

スパークリングワイン3本セット

ズバリ結論から言うと、

短期間の冷蔵庫保存の場合は、”縦置き”、”横置き”どちらでも都合の良い方で良し!

というのも、”立て置きした方が良いのか、横置きした方が良いのか”、これまで複数の本やネット上でも情報を探りましたが、明確な答えがない!例えば、立てて保存するとフレッシュさが保てるからオススメという記載が専門誌にあれば、横に寝かせて置けばコルクが湿るので空気が抜けないと他の専門誌で記載があったり・・。

でも、この保管状況が重要になってくるのは、”長期保管の場合”なんですよね!

なので、短期間の冷蔵庫保存、数か月の内で飲むというような場合は、立て置きでも横置きでもどちらでも置きやすい方で問題なし

1年寝かせておきたい、数年保管してみたい場合などは、やはりセラーが基本!

ちなみに、一般家庭用のセラーの場合、おのずと横置きが多くなります。というのも、赤ワインや白ワインが横置きなので、より多くの本数を保管するのであれば、横置きにした方が本数が入ります。ワインセラーのいくつかの仕切りをなくせば縦置きも可能だけれど、縦置きしようと思うと、横置き本数が減るという構造のものが多いですね!

スポンサーリンク

まとめ1

電球アイコン

短期間なら、”縦置き”か”横置き”かを気にする必要なし!長期間であれば、セラーで”横置き”もしくは”縦置き”かをすべし!個人的には長期間保管する場合、コルクを湿ららせている方が、コルクを抜くときに楽なので、横置きにすると思います♡

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

オススメ記事