ドンペリ

今回は、ドンペリの歴史について!

以前調べたことを最近になって再度読み返してみたので、3つのキワードで簡単にまとめてみようと思います!

スポンサーリンク

簡単に分かる!ドンペリの歴史!

1.ドンぺリニヨンは人物の名前が由来している

”ドンペリニヨン”とは、人物の名前なんですよね!なので、ドンぺリの歴史を語る上でその人物(ドンペリニヨンさん)のことは外せません。

ドンぺリニヨンさんは、修道者でフランスのオーヴィレール修道院で暮らし、酒庫係に任命されていた人物。なぜ修道者の方の仕事にワイン造りがあるのかというと、ミサなどでワインが使われるためだそうで、大事な仕事の1つなんだそう。

そんなドンペリニヨンさんは、シャンパン造りに欠かせない功績を残したとされています。具体的には、シャンパンは多種多様なワインをブレンドするのが一般的ですがそのブレンドする技術とコルクを利用するということ。

ただ、彼に関しては盲目になったが故に味覚が鋭かったとか、シャンパンの開発者、パイオニアというような内容もみますが、盲目だった記録はないという意見や、開発者ではないという意見もあり、謎に包まれている側面もあります。

2.モエ・エ・シャンドン社、”ドンペリニヨン”の商標権を獲得

1.のドンペリニヨンさんの他界後、『ドンペリ』の生産者である、”モエ・エ・シャンドン社”が1797年から彼が在籍していた修道院と畑を所有。そして、”ドンぺリニヨン”というブランド名の商標権を獲得したところから、シャンパン『ドンペリ』が生まれます。

3.最初のシャンパン『ドンペリ』は、1936年に発売


ドンペリが誕生した(世に出された)のは、1936年!そもそも、ヴィンテージシャンパン(単一年のブドウを使って造られるシャンパン)なので、1921年に収穫されたブドウを使ったものが最初の1本とのこと。


以上、”とっても簡単!ドンペリの歴史について”でした!

『ドンペリ』を贈ろう、そんな時にドンペリについて少しは知識が欲しいもの!そんな時、お役に立てたら嬉しいです。それでは、また!

>>ドンペリの歴史(ドンペリ豆知識)

Twitterでフォローしよう

オススメ記事