気球を飛ばす場面

 

スパークリングワインを選ぼうとする際に困るのが、種類が多すぎて迷ってしまうこと!

そんな時に、手に取る理由が明確だと、選びやすいはず。今回は、そんなスパークリングワイン!つい心惹かれて、手に取ってしまうスパークリングワインです!

スポンサーリンク

つい手に取りたくなる!『夢』という名の付いた、スパークリングワイン!

 

米国のスパークリングワイン、”ル・レーヴ ブラン・ド・ブラン”

ワイン誌などでも高評価を得たり、米国のベストスパークリングワインに選ばれたりしている実力派だそう。

そして、このスパークリングワインの名前である、”ル・レーヴ”はフランス語で『夢』という意味。この『夢』という名前に心惹かれて詳しく見てみたのがきっかけで知ったんですよね。

”夢を友人と語る時に飲みたい”、”夢を追う友人にギフトとして贈りたい”、”未来を語る時に飲みたい”。

そんな飲む状況や贈る光景が簡単に想像できてしまった、スパークリングワイン!

生産者は、ドメーヌ・カーネロス。なんと、シャンパンの生産者で有名な”テタンジェ社”が米国で創ったワイナリーだったんですよね!

ちなみに、”ブラン・ド・ブラン”とは、白ブドウのみで造られたシャンパンのこと。スタンダードのシャンパンの場合は、複数の葡萄品種がブレンドされて造られていますが、このスパークリングワインの場合は、白ブドウ(シャルドネ)のみということ。

つい心を惹かれるスパークリングワイン、手に取りたいと思わせてくれるスパークリングワインってなかなか見つからないもの!なので、とても貴重でした。

『夢』という名前に惹きこまれてしまいました!

それでは、また!

>>”ル・レーヴ ブラン・ド・ブラン”を探す(楽天)、(amazon)

Twitterでフォローしよう

オススメ記事