今回レポートするスパークリングワインは、『悪魔の蔵』を意味する名が付けられた、チリのスパークリングワイン、”カシェロ・デル・ディアブロ・デビルズ”!

なぜ『悪魔の蔵』かというと、生産者である”コンチャ・イ・トロ社”で最も美味しいワインを貯蔵している秘密の蔵があったそうなんです。ただ、あまりの美味しさに、盗み飲みが絶えず、そんなワインを守るために「この蔵には悪魔が凄んでいる」という噂を流したということ。そんな背景から、名付けられたスパークリングワインなんですよね!

そんな名前のインパクトから、つい手に取りたくなる”スパークリングワイン”です!

スポンサーリンク

『悪魔の蔵』と名付けられた、”カシェロ・デル・ディアブロ・デビルズ”!ギフト購入レポート!

今回は、直接店舗で購入することに!全国チェーンのスーパー、”ヨークマートさん”で購入しました。

正直に言えば、贈り物で正式感を出したいという目的を考えると、ラッピング上、ちょっとお店選びが失敗だったかなと思います。

お店でギフトラッピングをお願いしたのですが、ギフト包装の外観は下記の通り!

 

カッシェロと包装紙

 

ボトルを薄いピンクの包装紙で巻いて、ボトル底と上を折ってテープで留めています。包装紙は綺麗なんですが、この包装紙だとロゼをイメージしてしまうのと、個人的に実際のボトルデザインや商品名と印象が合わないんですよね。そして、持ちづらいのが難点!

この包装紙を取ると下記の通り、緩衝材に巻かれたボトルが下記の通り出てきます!

 

カッシェロ

 

この緩衝材も、店員さんによるかと思いますがこちら側が「付けてください」とお願いすると付けて頂くことができました!その前は、ボトルに直接包装紙を巻く様子だったので、お願いしてみました!

そして、緩衝材を取ると、下記の通り ”カシェロ・デル・ディアブロ・デビルズ” がお目見えです!

 

カッシェロ

 


 

以上が、『”カシェロ・デル・ディアブロ・デビルズ”のギフト購入レポ―ト!』でした。

『悪魔の蔵』という名前から、話題性もあって、カジュアルなギフトにはオススメです!

ただ今回、箱なし&包装紙でのラッピングは、個人的に初めてで、期待には添わない結果だったのですが、とても勉強になったなと感じました。

直店舗だと、ラッピングの種類ってあらかじめ確認できないんですよね!それに今回改めて気づきました。ギフト購入の場合は、ラッピングもやっぱり大事!

店舗や、対応してくださる店員さんにも寄るかと思いますが、ギフトの場合は、納得の行くラッピング対応をして下さるショップを利用すること、とても重要です。

それでは、また!

>>”カシェロ・デル・ディアブロ・デビルズ”を探す(楽天)、(amazon)

Twitterでフォローしよう

オススメ記事