ドンペリニョンルミナス

 

『なぜ、お祝いにスパークリングワインではなくて、シャンパンが良いのか!?』

今回は、そんな疑問から、スパークリングワインよりシャンパンが選ばれる理由についてまとめておこうと思います。

スポンサーリンク

お祝いに”シャンパン”を選びたくなる3つの理由!

ペリエジュエ箱付き

ちなみに、”シャンパン”はフランスのシャンパーニュ地方で造られる限定的な発泡性ワインで、スパークリングワインの一種。ただ、日本では、シャンパン以外の発泡性ワイン”をスパークリングワイン”と呼ぶ方が多いはず。

コストで言えば、シャンパンよりもスパークリングワインの方がお手頃なものが多く種類も多いんですよね!

そんな中で、お祝いにシャンパンを選ぶ方が多いのは、下記3つの理由があります。

1.分かりやすく、選びやすいから

シャンパンと聞くと、”高級”、”特別”、”上品”、”極上”、”お祝い”などのイメージを連想する方が多いんですよね。このイメージが日本中に浸透しているのがシャンパンの魅力。

贈り先様も、シャンパンを受け取ることで、同じようなイメージを共有することが出来るので、「祝福されている」ということがすぐに理解できます。

また、一部のブランド(ドンペリやボランジェ、モエエシャンドンなど)については、普段ワインを飲まない方でも知っているはず。シャンパンは、メディアや映画、雑誌でも取り上げられていることが多く、聞いたことのあるブランド名もあるので、分かりやすく選ぶのも楽になります。

>>素人がつい選びたくなる、”高級シャンパン”3本!

2.魅力的な外観デザインが多いから

シャンパンは、ボトルデザインや箱までデザインされているものが多数存在します。

>>第1印象を制する、『美』シャンパンボトル!

中には、グラスまでセットになった見応え見栄え十分のギフトセットも存在するため、贈り物としての第一印象は抜群。サプライズ感が増すギフトになりえます。

商品画像:”ペリエ ジュエ ベル エポック”(楽天)、(amazon)

3.安すぎないから

”シャンパン”、”スパークリングワイン”を総合ショッピングサイトで1万円以上で探すと、商品数に圧倒的な差が出ます。

1万円以上のスパークリングワインは少なく、多くのシャンパンが該当するんですよね。お値段が高くなると、高級シャンパンが多く該当するようになりボトルデザインも上品なもの、箱付のものが目立つようになります。

そうすると、お祝いや贈り物に”正式感”が出るんですよね。特別なお祝い、目上の人への御祝には安過ぎず、”ちゃんとした印象”を感じます。

逆に、予算が低めでカジュアルに贈りたい場合は、たくさんのスパークリングワインが該当し、選ぶことが出来ます。

画像商品:ニコラ・フィアット パルム・ドール


以上が、『お祝いに、スパークリングワインじゃなく、シャンパンが良い3つの理由!』でした。

それでは、また!

Twitterでフォローしよう

オススメ記事