ドンペリの歴史

*下記商品写真をクリックすると、商品販売先に移動します。

"ドンペリ"の由来は、シャンパンのパイオニアとも呼ばれている、ドン・ピエール・ペリニヨンから名付けられています。しかし、そのパイオニア『開発者』として、ドン・ピエール・ペリニヨンが認識されていることについては、多くの疑問が残っているとされています。

まずは、そのドン・ピエールペリニヨンについて、大まかに説明してみます。 ドン・ピエール・ペリニヨンは、1639年に生まれ、19歳の時にヴェネディクト派の修道者になったとされています。

スポンサーリンク

彼が、29歳になった1688年からオーヴィレール修道院で暮らし、酒庫係に任命されました。それから、彼が他界する、1715年までの間、シャンパンを造るために一生を捧げたと言われています。彼が残した功績として、挙げられているのが、ワインをブレンドする技術とコルクを利用することで、偶発的に起こる泡を瓶に閉じ込めたということです。

ドン・ピエール・ペリニヨンは、年を重ね、盲目になったと言われおり、そのため嗅覚や味覚が鋭かった言われています。それゆえ、シャンパンにとってとても重要なワインの”ブレンド”で出来不出来の差が大きかったシャンパーニュ地方のワインの質を保ったとされていますが..。 彼が盲目であったという証拠はないそうなので、どこまでが正確なのかは、分からぬまま。

また、発泡性のシャンパンが、英国で先に造られていたという話もあり、シャンパンのパイオニアとしての呼称や彼の過去において、先にお伝えしたとおり、疑問が投げかけられているのが現状のようです。

スポンサーリンク

ともあれ、彼の功績はシャンパンの歴史には欠かせないということは事実ですね。次は、ドン・ピエール・ペリニヨン他界後の"ドンペリ"の誕生です。

ドン・ピエール・ペリニヨン他界後、1797年から、彼が一生を捧げたオーヴィレール修道院とブドウ畑は、モエ・エ・シャンドン社が所有し、同社がドン・ペリニヨンの商標権を獲得。1921年ヴィンテージを1936年に"ドン・ペリニヨン"として世に出したのが、"ドンペリ"。ついに"ドンペリ"の誕生です。

それから今に及ぶまで、モエ・エ・シャンドン社は、最高品質のドンペリの生産を続けており、長年にわたり、不動の人気と最高品質のブランドイメージを確立させています。

これが、私達が知っているザ・"ドンペリ"の歴史です。

<PR>
ドンペリに勝った!ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ(低価格順 - 楽天市場) 、(低価格順 - amazon)
<PR>
ドンペリに勝った!ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ (低価格順 - 楽天市場) 、(低価格順 - amazon)
ワインとの最高のマリアージュ(結婚)!美味しいワインにナチュラルチーズ

page top アイコン page top

スポンサーリンク

Instagram