ドンペリの開け方

ドンペリはシャンパンを普段飲まない方、ワイン初心者でも、一般家庭でも、問題なく開栓することができます。

大体お家にあるものを使って、実際にドンペリを開栓した手順、方法を実際の例と共に下記の通り説明していきます。

スポンサーリンク

<PR>
ドンペリに勝った!ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ (低価格順 - 楽天市場) 、(低価格順 - amazon)
ワインとの最高のマリアージュ(結婚)!美味しいワインにナチュラルチーズ

ドンペリの開栓手順

3つの手順のみでドンペリを開けることができます!

1.キャップシールを剥がす

キャップシールを剥がす

まずは、瓶の最上部分、コルクを覆っているキャップシールを剥がします。

2.針金を緩める

コルクについている針金

コルクについている針金(上記写真の赤丸部分)を緩めます。右利きであれば、左手親指でコルクを押さえながら(もしくは、コルクにナプキンなどを かけてコルクを押さえながら)、針金のつまみ部分を回してゆっくり緩めます。

つまみを緩めた状態

上記は針金のつまみを緩み終えた状態!この時点で、空気圧が耐え切れずに、ポンと開栓してしまう可能性がありますので、コルク部分を押さえたり、ナプキンでコルクを押さえることが重要になります。

スポンサーリンク

3. コルクを抜く

コルク

ナプキン等をコルクの上にかぶせ、コルクを押さえたまま、瓶底を回すと空気圧で、コルクが 上がっていくのが分かります。そうしたら、コルクの頭を斜めにし、ガスを少しずつ 外に逃がし(シューと音が出ます)ゆっくりコルクを抜いていきます。

*上記のようにコルクを押さえず置いておくと急にポンと開いてしまうことがあるので注意!

なるべく、ポンと音がしないように開栓するのがベスト。ポンっと音をさせるのは、 作法上、良くないとされていています。でも思わず、ポンと開いてしまうことも実際はよくあって、 フキン等を上にかぶせておけば、飛び出すこともなく安心です。

コルクを抜く

ちなみに瓶底を持つのがなんだか慣れていなくて心地悪い場合は、上記写真のように、 ボトルネックを持っても開栓できますが、ボトルが直立したままだと、 ポンと勢いよく抜けてしまいがち、斜めにしてガスを逃がすことで、ゆっくりと 静かに抜きやすくなります。以上がドンペリの開け方の手順!

<PR>
ドンペリに勝った!ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ (低価格順 - 楽天市場) 、(低価格順 - amazon)

スポンサーリンク

page top アイコン page top

Instagram