【シャンパンとコルク】え?こんなに違うの!?コルクを見れば分かる!高級シャンパンの証!

コルク

上記の1枚の写真、両方ともシャンパンのコルクなんですが、先端の太さが大分違うが面白くて、ついつい撮影してしました。

「同じシャンパンなのに、なぜこんなに違うの!?」

ちょっと調べたところ、面白いことが分かったので、今回は、このシャンパンコルクの写真から見て分かることについて、まとめようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大の広告

コルクの先が細いのは、高級シャンパンの証!?

コルク

もう一度、上記の写真を見ると、左のコルクは細長いのに対し、右のコルクは末広がり!

この2つのコルク、実はシャンパンのグレードでいえば、最高級の”プレスティージュシャンパン”とスタンダートの”ノンヴィンテージシャンパン”の違いがあります。

>>【シャンパンとランク】ヴィンテージシャンパンとは?プレスティ―ジュシャンパンとは?

「どちらが、最高級シャンパンのコルクか!?」

・・・・コルクに記載の文字ですぐに分かるかもしれませんが、左の細長いコルクが、最高級シャンパンと呼ばれる”プレスティージュシャンパン”のもの。右の末広がりのコルクが、スタンダードシャンパンである、”ノンヴィンテージのシャンパン”のものなんです。

そして、コルクについて色々と調べてみると、高級シャンパンは、左のコルクのように先端が細長くなることが分かりました。なぜなら、高級シャンパンは、熟成期間が長いからなんです。

コルクが細長くなるのは、熟成期間が長いから!

樽

末広がりのコルクのシャンパンは、”スタンダードシャンパン”のもの。スタンダードシャンパンの熟成期間は、最低でも15ヶ月以上と言われています。

>>シャンパンの種類と熟成期間(ドンペリ豆知識)

そして、先が細長いコルクは、高級シャンパンのもの。高級シャンパン、”プレスティージュシャンパン”の熟成期間は、5年~7年、それ以上のものも存在します。

  • スタンダードシャンパンの熟成期間:15ヶ月以上
  • プレスティージュシャンパンの熟成期間:5年~7年、それ以上

この熟成期間の差が何を表しているかというと、

“シャンパンの瓶内のガス圧に耐えている期間が違う”

ということ”。

シャンパンのガス圧はとても強いとされていて(6気圧とのこと)、このガス圧に耐えるため、普通のワインボトルよりもシャンパンボトルは、ガラスの厚みが厚く、重い。でないと、ガス圧に耐えられず割れてしまうからなんですよね。

本来、このコルクの役割は、シャンパンの強いガス圧に耐え、栓をするためにあります。ただ、それだけではまだ弱く、念には念を入れるために、コルクの上にミュズレと呼ばれるものでコルクを抑えています。

>>ミュズレとは?シャンパンボトルの各部位の名称!

コルクとミュズレ

コルクは、機械で押し入れられるそうなんですが、その時にコルクの先は瓶口の大きさに合わせて縮ります。

その縮んだ状態が長く続くのが、熟成期間の長い高級シャンパンということ。だから、冒頭から出てくる下記のコルク写真の左、高級シャンパンのコルクは、長期に渡り縮んだままの状態が続き、その形状記憶が残っているということなんです。

高級シャンパンは、スタンダードシャンパンに比べたら、熟成期間は長い。そう考えれば、このコルクの細さが、高級シャンパンである証、とても分かりやすい見分け方になります。

コルク

このコルクから、コルクのみならず、シャンパンのグレードや、ガス圧、ボトルについても知ることができます。面白い!

ちなみに、この細長いコルク、末広がりに戻る可能性があることも調べていて分かりました。このまま保管してどうなるか・・、ちょっと楽しみです。

それでは、また!